★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 564.html
 ★阿修羅♪
【北國新聞社説】世論調査任せの政治も奇妙 世論調査は必ずしも善とは言い切れない [新テロ特措法議論]
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/564.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 10 月 17 日 22:02:07: 4sIKljvd9SgGs
 

【北國新聞社説】世論調査任せの政治も奇妙 世論調査は必ずしも善とは言い切れない [新テロ特措法議論]
1 :西独逸φ ★:2007/10/17(水) 19:51:22 ID:???0
現行のテロ対策特別措置法に代わる政府の新法案の内容が固まった。十七日に閣議決定をして
国会に提出する段取りというが、海上自衛隊の給油活動の是非をめぐる与野党の論争でいささか
気になるのは、与党も民主党も世論頼み、世論調査任せの姿勢を強めているように見えることだ。
国民の声を吸い上げ、国政に反映するのが国会議員の務めながら、素人には判断が難しい課題に
見識を示し、国民に代わって政策を決めるのが代議制民主主義の下の国会議員の仕事である。
世論を無視してはならないが、世論調査の結果で国の進む道や政策が決まる政治もまた奇妙と
言わなければならない。

新たなテロ特措法をめざす政府・与党にとって民主党が第一党の参院の壁は厚く、世論の力で局面
を打開したいと考えている節がある。法案を参院に送って世論の動向を見極め、支持が高まれば衆
院で再議決する戦略が練られているという。一方民主党の側にも「海図なき航海であり、世論の動向が
大きく左右する」との見方が出されている。

新法案が成立するかどうかは、まさに世論の風向き次第というふうであるが、それをとらえるのが世論
調査である。ただ、世論というものが善悪のうちの善としても、世論調査は必ずしも善とは言い切れない。
誤解を恐れずにいえば、場合によっては時流に流される軽薄な一面も否めないからである。そうした世論
調査任せの政治は、ある意味では無責任であり、国会議員の役割を自ら否定することにもなりかねない。
与野党はそういう認識をまず持った上で、国会論戦を行ってもらいたいと思う。

テロ特措法に関する国会論戦は、安全保障の根本的な論議に直結する。例えば、民主党の小沢一郎
代表は、海自の給油活動は集団的自衛権の行使を容認しない限り、憲法上許されないと反対しているが、
小沢氏が主張する国際治安支援部隊(ISAF)への参加も、武力行使につながる点で集団的自衛権行使の
問題を避けて通ることはできない。福田内閣になってから、集団的自衛権に関する政府の有識者会議の
協議は止まってしまったが、いまはむしろ野党も巻き込んで議論を進める絶好の機会といえる。

ソース
北國新聞 http://www.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。