★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 674.html
 ★阿修羅♪
【朝日・天声人語】(「ありのままを見て聞いて、書くのが記者」と読売ほかを一喝)
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/674.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 11 月 09 日 12:13:23: 4sIKljvd9SgGs
 

【論説】 「読売新聞…渡辺恒雄氏出演の政治劇、どこまで書けるか。世の中は、読者と共に正面から動かしたい」…朝日新聞
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/11/09(金) 12:10:02 ID:???0
・55年の「保守合同」は、日本民主党の三木武吉、自由党の大野伴睦、両総務会長の
 秘密会談から始まった。密議は経済人らが仲介したが、政治記者たちも連絡役など
 様々な形で、歴史的な政界再編にかかわった

▼当時大野番だった読売新聞グループ本社会長(主筆)の渡辺恒雄氏が、回顧録
 (中央公論新社)で、金のやりとりを含む裏話を明かしている。氏は4年後、41歳の
 中曽根康弘氏を大野に引き合わせ、科学技術庁長官として初入閣させた。中曽根政権の
 実現に尽くした件もよく知られている。どれも昭和の昔話……ではない

▼民主党の小沢代表は2カ月前、「さる方」から食事に呼ばれ、「お国のために大連立を」と
 迫られた。福田首相との会談を仕組んだこの「さる方」が渡辺氏だという。「大記者」
 健在である

▼渡辺氏と中曽根氏は、騒動のさなかのテレビ番組で大連立の必要性を説いた。中曽根氏は
 「主筆なら政治家や国論を動かしていいんです」と、盟友の隣で言い切った

▼渡辺氏はロマンチストなのだろう。実現したい夢があり、それに向けて現実を動かし得る
 立場だ。とはいえ、ありのままを見て聞いて、書くのが記者。当事者として、つまり現実の
 一部になって書いたのでは、観察者の「見る聞く」作業が甘くならないか

▼わが身が一線の記者なら、偉大な上司が黒衣役で「出演」する政治劇を、さてどこまで
 自在に書けるだろう。よりよい社会を念じて新聞は影響力を競うべきだが、世の中は
 後ろからではなく、読者と共に正面から動かしたい。

 http://www.asahi.com/paper/column.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。