★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 115.html
 ★阿修羅♪
読売販売店の店主らが「押し紙」排除に成功(MyNewsJapan)
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/115.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 11 月 13 日 00:02:10: sypgvaaYz82Hc
 

読売販売店の店主らが「押し紙」排除に成功 本社への内容証明で
(MyNewsJapan)2007年11月12日07時30分

 「押し紙撲滅」を掲げる弁護団(江上武幸弁護士ら7名)は11月1日、読売新聞本社に対して「他の販売店の残紙についても、減紙の処理をして」などと記した内容証明文書を送付した。「押し紙」を販売店に搬入しないよう迫ったのだ。それに連動してYC大牟田などは、先月まで仕入れ部数全体の約4割にもなっていた押し紙を排除した業務報告書を本社に提出、読売も飲まざるを得なかった。全国でこの動きが広まれば、新聞社の不当利益となっていた押し紙政策の転換となる。


「押し紙」と折込チラシの水増しは、新聞業界が隠してきた大問題である。新聞特殊指定でも「押し紙」は禁止されているが、公正取引委員会はほとんど取り締まったことがない。ビニール包装された束が「押し紙」。新聞で包装された束の中身は、秘密裏に破棄される折込チラシ。データに基づいた筆者の推定では、
読売1000万部のうち、300〜400万部ぐらいが「押し紙」の可能性がある。
(写真と本文は関係ありません)

--------------------------------------------------------------------------------
【Digest】
◇予想外の読売の対応
◇真村氏に「押し紙」を相談
◇トリッキーな業務報告書
◇虚偽報告という言いがかり
◇4割が「押し紙」に
◇販売網の再編に暗雲
--------------------------------------------------------------------------------
◇予想外の読売の対応
 新聞販売の現場で、とうとう新しい流れが始まった。新聞社の「押し紙」政策が破綻する兆しが現れたのである。
 11月7日の午前3時。福岡県大牟田市にあるYC大牟田明治の店舗に印刷されたばかりの新聞を積んだトラックが到着した。所長の野中彰夫さんらは、トラックから新聞束を下ろして店舗の中に運んだ。毎朝、繰り返してきた作業であるが、この日はこれまでとは少し様相が異なっていた。

 野中さんが希望したとおりの新聞部数、1480部が搬入され、これまで希望とは別に運び込まれていた余分な約900部の新聞はなくなったのだ。そのために、配達しない新聞を店舗の中に積み上げる作業はなかった。

 日本全国の販売店には、総計で約4500万部の朝刊が搬入される。しかし、そのうちのすべてが配達されるわけではない。新聞社が販売店に対してノルマとして買い取りを押しつける新聞があるからだ。比率にすると推定で3割、あるいは4割といわれる。

 これらの新聞は、新聞社が押し売りする新聞というニュアンスで、
「押し紙」と呼ばれる。

 「押し紙」の商慣行は、少なくとも1970年代には一般化しており、新聞販売店の経営を圧迫してきた。また、膨大な紙を破棄するために、環境問題としても水面下で指摘されてきた。独禁法の特殊指定も「押し紙」を禁止している。それにもかかわらず、公取委が「押し紙」を本格的に取り締まることもなく現在に至っている。しかし、読売新聞の販売現場で、ついにこの悪徳商法の一角が崩れ始めたのである。

 YC大牟田明治が「押し紙」の排除に成功した前日にあたる6日にも、同じ大牟田市にあるYC大牟田中央で同様の光景が見られた。中島相互所長が希望した部数のみが店舗に運び込まれたのである。「押し紙」はなかった。

 真村裁判の原告でYC広川の所長・真村久三さんが言う。

 「まさか読売新聞社がこんなにあっさりと、販売店の要求に従うとは思いませんでした。わたしたちが読売を相手に裁判を始めたころには、考えられない状況が生まれています。それだけ時代が変わってきたということでしょう」

 「増紙こそ正義である」という言葉がある読売の販売現場で起こった激変である。「押し紙」をして、公称部数を1000万部に伸ばしてきた読売が、販売政策の柱である「押し紙」を一部のYCで中止せざるを得なくなったのである。

 その背景に何があるのか。結論を先に言えば、真村裁判の高裁判例がはやくも効力を発揮し始めたのである。

◇真村氏に「押し紙」を相談
 今年の8月、YC大牟田明治の野中さんとYC大牟田中央の中島さんは、真村さんの自宅を訪れた。真村さんが言う。

 「わたしは2人から、『押し紙』問題についての相談を受けました。『押し紙』が全体の4割ぐらいあり、経営が立ち行かなくなってきたというのです」

 2人の店主が相談相手として真村さんを選んだのは、真村裁判の進展を見守ってきたからだ。真村さんは、2001年に、読売からYC広川の強制改廃を迫られた。真村さんに続いて、YC久留米中央とYC宮の陣の店主も、やはり改廃を突きつけられた。そこで、3人は地位保全の裁判を提起した。

 読売が真村さんらに廃業を迫った背景には、販売店の整理・統合の計画があったと推測される。ところが読売は、正当な改廃理由をみいだせない。そこであるひとつの姑息な方法を使ってきたのである。真村さんらが業務実態を虚偽報告していたといういいかがりである。


続きはMyNewsJapanで

http://news.livedoor.com/article/detail/3383784/

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。