★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 187.html
 ★阿修羅♪
【デジタル紙爆ニュース】ナベツネ「大連立」の舞台裏、全講演録
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/187.html
投稿者 passenger 日時 2007 年 12 月 08 日 03:04:41: eZ/Nw96TErl1Y
 

【デジタル紙爆ニュース】ナベツネ「大連立」の舞台裏、全講演録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタル紙の爆弾・紙爆ニュース
http://www.rokusaisha.com/
http://kamibakunews.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_b23c.html#more

2007年12月 7日 (金)
ナベツネ「大連立」の舞台裏、全講演録

12月6日、自民党の中川昭一前政調会長の
パーティが東京・虎ノ門パストラルで開かれた。
「大連立」の仕掛け人、読売新聞の渡辺恒夫氏が
挨拶に立ち、その一端を明かしたのは一部の
報道で明らかになっている。
デジタル紙の爆弾では、挨拶の詳細な中身を
入手した。

伊吹文明幹事長、中曽根康弘元総理の挨拶のあとを
受けて、登壇したという渡辺氏。

研究会に入会したのが、59名、出席者30名。顔触れは、将来性のある議員ばかりだ。この人数を集めた中川氏の指導力はある野党の党首を遙かに凌ぐ。日米同盟が、日本の国会が機能しないため、多少希薄になっているので、北朝鮮には、一番なめられている。それが、最大の危機だ」
と民主党の小沢代表にあてつけのようにいい、自民党と民主党の対立で国際政治に影響しているのだと触れ、大連立に話が移った。

「いろいろと、話題になっているが、そういうこと(大連立)を2人の党首がやってくれることを私は期待した。新聞記者のぶんざいで、介入して書かないのはけしからんという中傷、誹謗を浴びています。いずれ、書きますよ、私は新聞記者ですから。書くタイミングは考えています。何でもかんでも書いたら、ものごとはなりたちません。記者としては、ニュースソースとの信頼関係が一番大事だ。ニュースソースを秘匿したり、保護するのは新聞記者の倫理である。私がいま全部をばらして書いたら、大変な迷惑を受ける人がいる。次の展開のために邪魔になる。しかし、いずれは全部書いてやろうと考えている。政治家と新聞記者の信頼関係は、私と大野さんもそうだった。私と中曽根さん、私と中川一郎さんもそうだった。昭一さんも同じです」

そして、中川氏の父の話に展開。
「その昔、中川一郎氏の親分、大野伴睦と三木武吉という政治家が話し合った。「日本は社会主義に乗っ取られる。保守合同だ」と一晩で決まった。だから、自民党ができたのです。
今は、信頼関係のないバラバラな世の中。国会も同じで、バラバラ。国も政治家と政治家の信頼関係があれば、危機を乗り越える能力のある人が出る。中川氏に「いますぐに大連立をやれ」といっても無理ですよ。しかし、五十九人を結集できる人だから、中曽根氏の言ったたこと、私の考えていることを実行する大政治家に必ずなる、私はそう信じています」
と持ち上げて、近いとされる衆議院解散、選挙について、
「中川氏の来年、北海道の選挙は楽ではない。強大な左翼新聞が支配している。自民党にとっていい条件はない。中川氏が落ちたら日本が潰れると思う。日本国家のために、お願いしたい。

「左翼新聞」とは、もちろんライバルのA新聞のことだろう。
自民党の実力者の中川氏も、渡辺氏の挨拶には、平身低頭。
「まさに、ドンでした」
と参加者の一人。

また、何かを仕掛けそうだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。