★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 214.html
 ★阿修羅♪
【デジタル『紙の爆弾』】続報 鹿砦社VSバーニング「恫喝訴訟」(次回口頭弁論12月17日東京地裁)
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/214.html
投稿者 passenger 日時 2007 年 12 月 13 日 11:48:16: eZ/Nw96TErl1Y
 

【デジタル『紙の爆弾』】続報 鹿砦社VSバーニング「恫喝訴訟」(次回口頭弁論12月17日東京地裁)

http://kamibaku.com/modules/weblog/details.php?blog_id=124

続報 鹿砦社VSバーニング「恫喝訴訟」
執筆者: kamibaku (9:38 am)

本誌『紙の爆弾』における、バーニング系芸能事務所所属・藤原紀香と、吉本興業所属・
陣内智則の結婚についての、芸能ジャーナリスト・本多圭氏のレポートに対して「芸能界のドン」
とも呼ばれるバーニングと、周防郁雄代表から起こされた<恫喝訴訟>の第2回口頭弁論は、
11月12日に東京地裁(民事1部)で開かれた。 被告とされた鹿砦社と本多圭氏は、原告側
訴状に対する第1弾の準備書面を提出、徹底して争うことを主張した。

当初、我々は<言論には言論で>の民主主義の基本ルールから、反論は『紙の爆弾』の誌面を
もってと呼びかけた。しかし、原告は問答無用に高額の名誉毀損の民事訴訟を提起した。

本多の記事によって「原告会社が長年に亘り培ってきた潔白なイメージ及び原告らの信用が
著しく毀損され」たとし、3300円の損害賠償等を請求した。

さすがに「あんたらだけには、潔白なイメージ」とは言われたくない。それが、私、松岡の正直な感想だ。

何度も事務所に銃弾が放たれるような芸能プロダクションに「潔白なイメージ」を抱くであろうか?

本件訴訟は、みずからが気に入らないから訴えるという「恫喝」であり、その「道具」に裁判所を
使っているのではないか。もちろん、裁判には税金が投入される。

裁判でなくとも合意点は探れたはずだ。まさに税金の無駄遣いだ。

本件訴訟で、芸能界を支配するバーニングの<闇>を照らすと共に本誌『紙の爆弾』や
「デジタル紙の爆弾」で、バーニングの”恥部”を明らかにするであろう。さらに、
バーニングの恫喝訴訟を指揮するとされる、ヤメ検・矢田次男弁護士(のぞみ総合法律事務所)
についても「三百代言」ぶりの調査を進めており、近々バクロする予定だ。

 第3回口頭弁論は、12月17日午前10時30分から、同じく東京地裁(民事1部)で開かれる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。