★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 271.html
 ★阿修羅♪
【産経、緩い道徳観 民放にも 】(ぬるま湯に浸かる新聞社・テレビ局こそ「完全民営化」が必要なようです。
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/271.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 12 月 21 日 16:01:21: 4sIKljvd9SgGs
 

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/071220/tnr0712200822004-n1.htm
【11月ワイドショー】緩い道徳観 民放にも (1/2ページ)
2007.12.20 08:22

このニュースのトピックス:TVドラマ

ゴルフ接待による収賄容疑で逮捕された守屋前事務次官。国会証人喚問での堂々とした態度≠ヘ国民をあきれさせた=衆院第1委員会室 ワイドショーの関心事が「スターのスキャンダル」から遠ざかって久しい。この1年を見てもその主役は芸能人から政治家、関取、ボクサーへと変遷した。そして11月は国家公務員、それもキャリアトップが夫婦で主役の座に就いた。前防衛事務次官、守屋武昌容疑者とその妻が収賄容疑で逮捕された。収賄の中身はゴルフ接待費など。かつて「防衛庁を一流にする」と口にしていた男のモラルは三流以下だった。(戸津井康之)

 「業界からのゴルフの誘いを全部受けていたら、一年が365日じゃ足らないよ」。守屋夫婦のセリフではない。在京キー局の元プロデューサーが、ある大学生に語った言葉だ。

 この大学生は首都圏の私立大学の放送メディア研究会に所属。「放送の現状を教えてもらおうと、取材で訪ねたらいきなりこんな言葉を聞かされました。これでいいのでしょうか」と憤り、新聞社の文化部へ連絡してきたのだ。

 「これでいいわけがない」。この元テレビマンがいた放送局のワイドショーは他局より率先し、積極的に守屋夫婦のゴルフ接待問題を取り上げ、批判しているだけに何とも皮肉だ。

 市民は辟易している。ロッキード、グラマン事件から、今回の事件の渦中にいる国家公務員や商社マンはいったい何を学習したのだろうか。証人喚問で署名する指先がぶるぶると震えていた当時の証人のおびえた姿と比べ、守屋容疑者は堂々と答弁していた。
前のページ1ページ2ページ 次のページ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。