★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 304.html
 ★阿修羅♪
中国を「シナ」とよぼう(渡部昇一.com)
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/304.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 12 月 25 日 23:56:34: sypgvaaYz82Hc
 

(回答先: どうしてフラン語発音になるのだろう??? 投稿者 Narongchai 日時 2007 年 12 月 25 日 00:59:43)

中国を「シナ」とよぼう(渡部昇一.com)

中国を「シナ」とよぼう

渡部昇一先生はじめ、保守系の知識人は中華人民共和国のことをシナと呼びます。英語ではチャイナ、フランス語でシノワですから、日本がシナと呼んでも差別語でもなんでもないのです。東シナ海なんて言葉もあるし、きちんとした日本語です。

以下は、月刊世相 2005、5月号の渡部先生の発言より。

日本人が「中国」という場合、それは日本のことを指していたのです。

「新羅、この年、中国に遣えず」という記述があるけれど、その場合、「中国」は日本で、新羅はこの年、日本に貢物を持ってこなかったということなのです。

「中国」という言葉は、例えばチャイニーズの偉い坊さんが、「中国」という場合は、これはインドのことです。

つまり、「中国」という言葉は自分の一番大切な国を指す言葉でした。

ところが、大陸の王朝は、通史でいえば「チャイナ」、日本でいえば「支那」としかいいようがない国なんです。

また、

「拝啓 韓国、中国、ロシア、アメリカ合衆国殿」光文社
の前書きあとの注釈では以下のように定義しています。

「中国」は中華人民共和国の略称であり地理的、文化的概念としては用いることはできない。地理的概念や古代以来の文化的概念をさす場合は「シナ」(英語のチャイナ)を用いるのが正当であると考える。さらに中国という言葉の背景には、外国を野蛮とみなして自らを高みに置く外国蔑視がある。また、「コリア」というようごは現在の北朝鮮、大韓民国の双方を含んで指す場合や、朝鮮半島を地理的概念として呼ぶ場合に用いている。

http://www.watanabe-shoichi.com/contents/20050502.html

(コメント)
「そこまで無知でもない」ようですね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。