★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 105.html
 ★阿修羅♪
「アンネ」の父親の手紙発見―米=家族救う必死の思いにじむ [AFP=時事]
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/105.html
投稿者 white 日時 2007 年 1 月 26 日 00:01:48: QYBiAyr6jr5Ac
 

□「アンネ」の父親の手紙発見―米=家族救う必死の思いにじむ [AFP=時事]

 http://news.www.infoseek.co.jp/afp/entertainment/movie/story/20070125afpAFP010700/

「アンネ」の父親の手紙発見―米=家族救う必死の思いにじむ (AFP=時事)
【ワシントン25日】ナチス・ドイツのユダヤ人迫害から逃れるための隠れ家生活をつづった「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクの父親、オットー・フランク氏(1980年死去)が41年に書いた手紙が米国で見つかり、2月14日に公開されることになった。米誌タイムが25日報じた。≪写真は12歳当時のアンネ・フランク≫
 手紙は80通ほどあり、ナチス・ドイツによって占領されたオランダ・アムステルダムからアンネら家族を脱出させるため、スペインへの脱出ルートを探ったり、出国ビザや、米国ないしキューバに渡るための助力を得ようとするなど、オットー氏の必死の思いが伝わってくる。しかし、こうした努力はすべて無駄に終わり、一家はアムステルダムの隠れ家での潜伏生活に入ったという。
 一家は2年間の潜伏後、事情を知る者の裏切りでドイツ当局に見つかり、強制収容所に送られた。アンネや姉のマルゴー、2人の母親エーディットは収容所で死亡。生き延びたオットー氏は解放されてアムステルダムに戻り、手元に戻ってきた娘の日記を「アンネの日記」として出版。同書は世界中でベストセラーとなり、59年には映画化もされた。
 タイム誌によると、オットー氏の手紙は2年前に発見されたが、著作権や法的問題への懸念から、存在が伏せられていたという。


[2007年1月25日21時38分]

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。