★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 174.html
 ★阿修羅♪
『アンネの日記』焼却事件(赤旗)
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/174.html
投稿者 凡人 日時 2007 年 2 月 28 日 11:28:34: pV3QNylzAqCv6
 

『アンネの日記』焼却事件
独で裁判始まる
失業の克服 ネオナチ根絶へ課題
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-02-28/2007022806_01_0.html
 【ベルリン=中村美弥子】第二次大戦中ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の犠牲になったアンネ・フランクの『アンネの日記』を燃やしたとして、扇動罪などの罪で起訴された男性七人の公判が二十六日、ドイツ東部ザクセン・アンハルト州のマクデブルク裁判所で始まりました。

 ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の事実を否定するネオナチによる犯罪の増加が深刻化する中で昨年六月に起きたこの日記焼却事件は、ドイツ社会に衝撃と動揺を広げました。深刻な失業問題などの社会的背景が指摘されている事件だけに、今後の裁判の進展が注目されています。

 起訴されたのはマクデブルク近郊のプレツェン村に住む二十四歳から二十九歳までの男性。扇動罪、死者冒涜(ぼうとく)の容疑で逮捕されました。ドイツでは、ホロコーストを否定すると刑事罰に問われ、有罪となれば最高で五年の懲役刑となります。

 男性らは昨年六月二十四日にプレツェン村で開かれた夏祭り会場で、米国国旗とともに『アンネの日記』をキャンプファイアーに投げ入れました。その際、「すべてウソだ」と叫んだといいます。

 裁判で被告の一人は罪を認めた上で、「ドイツ史の悪の一章から自らを解放するため」の行為だったと主張しました。これに対し、検察側は、被告は日記を燃やすことでナチ思想を美化することが目的だったと指摘。「アンネ・フランクのみならず、強制収容所で殺された何百万人ものユダヤ人を愚弄(ぐろう)したことになる」と反論しました。

 アンネ・フランクが独占領下のオランダ・アムステルダムでの隠れ家生活をつづった『アンネの日記』は、世界中で読まれています。その日記の焼却事件は、ナチ政権下の一九三三年にナチ支持者がユダヤ系や共産主義的な書物を焼き捨てた焚書(ふんしょ)を連想させるものでした。

 この事件は同時に、ザクセン・アンハルト州をはじめ経済が停滞した旧東ドイツ地域が直面している問題も浮き彫りにしました。深刻な失業や貧困がネオナチ拡大の土壌になっているとされ、これらの州ではネオナチ根絶が大きな課題となっています。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。