★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 185.html
 ★阿修羅♪
『ロイヒター報告』を見てなかった石田勇治東大助教授
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/185.html
投稿者 木村愛二 日時 2007 年 3 月 06 日 15:35:20: CjMHiEP28ibKM
 

『ロイヒター報告』を見てなかった石田勇治東大助教授

呆れた話だが、教授とかメディアは、この程度の商売なのである。
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html
『アウシュヴィッツの争点』
ユダヤ民族3000年の悲劇の歴史を真に解決させるために
第4部 マスメディア報道の裏側
〜無意識の誤解からテロによる言論封殺まで〜
[中略]
『サンデー毎日』(2・19)も『マルコ』記事の評価を簡単な電話取材でごまかした。
「『中吊り広告を見てすぐ買ったが、驚いた。不正確な記述としかいいようがない』というのは、ドイツ史が専門の石田勇治東大助教授。『タネ本はすぐに分かる。ロンドンで出版された「ロイヒター報告」という本で、これはネオナチのバイブル(後略)』」
 本人に直接たしかめたところ、『ロイヒター報告』そのものを読んでいるどころか、実物を見てもいない。ドイツ語の見直し論批判本の名を二つ挙げただけだった。こんなズサンな肩書きだけの談話記事で、西岡が「ネオナチのバイブル」を引き写して作文したかのような印象が作りだされているのだ。
 石田はさらに、「歴史研究の立場からすると、論争はまるでない」としているが、論理矛盾もはなはだしい。本人が「二冊持っているドイツ語の本」そのものが、論争の存在の立派な証明である。論争とは、権力御用、学会公認の公開論争だけを指すのではない。

 マスメディアの商業的かつ権力追随的な実態は、世界各国とも似たようなものである。ラッシニエの時代から「ホロコースト」見直し論を攻撃し、その後も無視ないしは攻撃をつづけてきたマスメディアとは、まさにこのようなマスメディアそのものだったのだ。
 不思議なのは、むしろ、日頃は熱心にマスメディア批判をする人々が、この問題に関してだけは、意外なほどマスメディア報道に追随しているという事実の方なのである。
 [後略]
 ----------------------------------------------------------

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。