★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 229.html
 ★阿修羅♪
ポーランド、2,500人のユダヤ人を救った女性(イレーナ・センドラー)を讃える【MSNBC=AP通信】
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/229.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 3 月 19 日 20:15:38: KbIx4LOvH6Ccw
 

英文記事は http://www.msnbc.msn.com/id/17607715/ から転載。

和訳文はブログ[米流時評]― http://beiryu.exblog.jp/d2007-03-14 からの転載(一部追加や変更あり)

Poland honors woman who saved 2,500 Jews
Sendler, 97, was tortured by Nazis but refused to disclose children's names

ポーランド、2,500人のユダヤ人を救った女性を讃える
センドラー(97)はナチスの拷問にも子どもたちの名前を明かさず

WARSAW, Poland | MARCH 14, 2007 — A 97-year-old woman credited with saving 2,500 Jews during the Holocaust was honored by parliament Wednesday at a ceremony during which Poland's president said she deserves the Nobel Peace Prize.
2007年3月14日 ポーランド・ワルシャワ発 | 第二次大戦中ナチスドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)から2500人のユダヤ人の命を救った、現在97才のポーランド女性が、ポーランド政府によって表彰された。その顕彰式において、ポーランド大統領は「彼女はノーベル平和賞にふさわしい」と、その勇気ある行動を讃えた。

Irena Sendler, who lives in a nursing home in Warsaw, was too frail to attend the special session in which members of the Senate unanimously approved a resolution honoring her and the Polish underground Council for Assisting Jews.
首都ワルシャワの養老院に住むイレーナ・センドラーさんは、ご老体のため出席することはできなかったが、当時の彼女を含むポーランド人で構成された「ユダヤ人救援地下組織」を表彰する特例議会で、ポーランド上院議員全員が無記名投票で決議承認した。

The group's members, mostly Roman Catholics, risked their own lives to save Jews from the Holocaust in Nazi-occupied Poland.
この地下組織のメンバーはほとんどがローマンカソリック教徒であったが、ナチスドイツ軍占領下のポーランドで進行したホロコーストから、自らの命の危険もかえりみずユダヤ人を救出したと記録されている。

Sendler was cited for organizing the "rescue of the most defenseless victims of the Nazi ideology — the Jewish children."
センドラーさん顕彰の対象は「ナチ思想に対して最も無防備な犠牲者、ユダヤ人の子供たちを救うために組織をつくったこと」と明記されている。

President Lech Kacyzinski said in an address to senators that Sendler is a "great hero who can be justly named for the Nobel Peace Prize." Sendler led about 20 helpers who smuggled Jewish children out of the Warsaw Ghetto to safety between 1940 and 1943, placing them in Polish families, convents or orphanages.
レーヒ・カチンスキー大統領は、上院議員を前にした演説の中でこう述べている。
「センドラーさんは、まさしくノーベル平和賞にふさわしい偉大な英雄である。彼女は1940年から1943年までのドイツ軍占領下のワルシャワで、ユダヤ人地区『ワルソーゲットー』からユダヤ人の子供たちを密かに脱出させ、ポーランド人の家庭や修道院、孤児院にかくまうため、およそ20人のポーランド人を組織指導した」というものである。

Tortured by Nazis
ナチスによる拷問

She wrote the children's names on slips of paper and buried them in jars in a neighbor's yard as a record that could help locate their parents after the war. The Nazis arrested her in 1943, but she refused — despite repeated torture — to reveal their names.
彼女は救出した子供たちの名前を紙に書いたあと、瓶に隠して隣家の庭に埋めたが、それは戦争が終わったあとで子供たちの親がどこに居るかすぐわかるようにするための記録だったと言う。ナチスドイツ軍は1943年に彼女を逮捕したが、自白を強要する拷問が繰り返されても彼女は口を割らず、子供たちの名前を明かさなかった。

Anyone caught helping Jews in Nazi-occupied Poland risked being summarily shot, along with family members.
当時のナチス占領下のポーランドでは、ユダヤ人救援で捕まった者は家族もろともただちに射殺される重罪であり、まさに命がけの危険に身をさらした訳である。

"I think she's a great lady, very courageous, and I think she's a model for the whole international community," Israeli Ambassador David Peleg said after the ceremony. "I think that her courage is a very special one."
「彼女は非常に勇気のある偉大な女性です。国際社会全体にとってヒューマニズムのいいお手本だと思います。自分の身の危険も省みない彼女の勇気は、とりわけ特別なものに思えます。」ポーランド駐在のイスラエル大使デーヴィッド・ペレグ氏は、顕彰式のあとこのように語った。

In 1965, Israel's Yad Vashem Holocaust Memorial awarded Sendler one of its first medals given to people who saved Jews, the so-called "Righteous Among the Nations."
1965年、イスラエルのヤド・ヴァシェム・ホロコースト記念財団は「Righteous Among the Nations=国を超えた正義」と通称されるユダヤ人を救った人々に与えられる勲章の、最初のひとつをセンドラーさんに授与している。

She was given the honor in 1983, after Poland's Communist authorities finally agreed to allow her to travel abroad.
しかし、彼女がこの勲章を初めて自分の手にしたのは、1983年にポーランド共産党首脳部が彼女に海外渡航を許可したあとのことだった。

【2007年3月14日 訳:ysbee】

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。