★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 487.html
 ★阿修羅♪
『普通のドイツ人とホロコースト』発刊さる
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/487.html
投稿者 木村愛二 日時 2007 年 12 月 09 日 14:21:48: CjMHiEP28ibKM
 

『普通のドイツ人とホロコースト』発刊さる

----------------------------------------------------------
http://www.minervashobo.co.jp/find/details.php?isbn=03934-0&PHPSESSID=e6c2cc91a3f0810e5c45c63473d3301e
978-4-623-03934-0
普通のドイツ人とホロコースト
ヒトラーの自発的死刑執行人たち
MINERVA西洋史ライブラリー75
ダニエル・J・ゴールドハーゲン著 / 望田幸男監訳
ミネルヴァ書房
A5/644ページ
2007-11-30
税込 8400円

大量虐殺の動機とは?
 ホロコーストの加害者、ドイツ人の反ユダヤ主義、
 ナチス時代におけるドイツ社会の性質を再考する。

1990年代中頃に「ゴールドハーゲン」論争を巻き起こし、ドイツ歴史学界の激しい批判を浴びつつも、ベストセラーとなったホロコーストに関する問題書の全訳。
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツは「アウシュヴィッツ絶滅収容所」に象徴されるように、ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅をめざして、組織的に差別・迫害・殺害の限りを尽くした。本書では,ユダヤ人大量虐殺の現場、これを遂行した「普通のドイツ人」の動機や心情など、学術的史書では後景に隠されがちな情景が、重苦しいばかりの記述となって再現されている。本書を「逸脱の書」と評するか、「告発の書」はたまた「警醒の書」と見るか、いまなお論議は終わっていない。
序 ホロコーストに関する中心的観点の再考
 I ドイツの反ユダヤ主義を考える
1 反ユダヤ主義再考
2 近代ドイツにおける抹殺的反ユダヤ主義の展開
3 抹殺的反ユダヤ主義
 II 抹殺論者の計画とソシキ
4 ナチスのユダヤ人攻撃
5 絶滅の執行者と機構
 III 警察大隊
6 警察大隊――大量虐殺実行者
7 第101警察大隊の隊員たちの行動
8 第101警察大隊の隊員たちの動機を考察する
9 警察大隊――生活・殺戮・動機
 IV 絶滅政策としてのユダヤ人「労働」
10 ナチ期におけるユダヤ人「労働」の根拠と形態
11 「労働」収容所における生活
12 労働と死
 V 死の行進
13 死の道
14 行進はどこに向かうのか
 VI 抹殺的反ユダヤ主義、普通のドイツ人、自発的な死刑執行人
15 犯行者の行動に関する競合する説明
16 大量虐殺の動機としての抹殺的反ユダヤ主義
エピローグ
あとがき
付論1〜3
監訳者あとがき
地名索引
人名索引
----------------------------------------------------------

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。