★阿修羅♪ > 雑談専用24 > 102.html
 ★阿修羅♪
党議拘束は、極力するべきではないと、わたしも思います
http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/102.html
投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2007 年 6 月 05 日 19:41:15: d1qFhv8SE.fbw
 

例えば、改憲賛成51%反対49%の決議をされた党は「改憲」を目標にするのですか?
http://www.asyura2.com/07/idletalk23/msg/1014.html
投稿者 考察者K 日時 2007 年 6 月 05 日 07:06:59: JjkI8nWTpj0po

 上記MSGの続きです。

Kさん、どうもです。

 党議拘束は、極力しないようにするというKさんの基本方針には、賛成です。

 51対49の例が出ていましたが、国会議員だけの評決で、このような僅差な結果が出た場合は、
 その案件について党議拘束をかけるのは、かなり乱暴なことだと、わたしも思います。

 ですので、党議拘束するかしないかを決める際に、両院議員総会では3分の2以上の賛成を要件とし、
 党員投票なら過半数の賛成が必要とすれば、余程のことがない限り、党議拘束されることはないでしょう。

 逆に言えば、ここまでの「民意」が示された場合は、少数派には、強制的にでも従ってもらわないと困ります。
 少数派のわがままで、重要法案が葬り去られることだけは、避けなければいけません。

 まぁ、こんな具体的な手続きまで定めなくても、

>政党と云うのは「この指止まれ」で示された「その党が目標として掲げた政治目標以外の政策においては
>個人の議員を拘束してはいけない」のです。

 Kさんのおっしゃる原則論を守っていけば、問題はないのかもしれませんが。

 郵政民営化法案のようなグレー法案が出てきた時に、党議拘束手続きがきっちりと決められていれば、
 後々のゴタゴタは、少なくなるのではないか?とも思います。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用24掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。