★阿修羅♪ > 雑談専用24 > 125.html
 ★阿修羅♪
眞の科學技術とは、常識との鬪ひである
http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/125.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 6 月 09 日 23:08:20: Gsx84HOp6wiqQ
 

 
 
 
 
 
 
 
倉田式量子波動科學テクノロジーで行くと、安來市のゴミの量は九十パーセント以上減つた。
ところが、業界と○○省の抵抗で市との契約は三年で終わりと。

                            更新 平成19年06月07日23時13分

平成十九年(二〇〇七年)六月七日(木)
(第二千七十四囘)

○「KURATA量子波動科學の世界」
 倉田大嗣 日本量子波動科學研究所會長
 (『イマココ』創刊號、二十頁以下、二〇〇七年夏季號)

○この倉田式量子波動科學のテクノロジーによつて、プラスチツク
 が油化する温度は三十六・七度(C)。これは從來の技術より、
 ゼロが一つ小さい。
○島根縣安來市で、この裝置を使用した結果、同市のゴミの量を
 九十パーセント以上減らしてしまつたと。
○ところがプラスチツク業界と、○○省の猛烈な抵抗で、市と
 の契約が三年で打ち切られた、とある。
○この人(倉田大嗣)は注目すべき重要人物であらう。
○この人は、十七歳で渡米し、米國でカレツジ卒業。
 物理學專攻。のち、日本に歸國、と言ふ。
○從つて、日本の「アカデミズム」には、全く縁がないわけである。
○こういふ人物の業績や實績、學説を認めてしまふと、
○既存の特權賣國奴、權力エリートのメンツは丸つぶれと成る。
○從つて、賣國奴國賊エリート權力者たちは、自己の特權を
 保持するために、
○こうした人々をたたき潰さねばならぬ。
○この人は、「量子波動」を問題とする。
○ところが、「量子波動」は目に見えないために、
○西洋(當然日本)の科學技術界ではなんの研究もなされて居ない
 と。
○倉田式量子波動科學テクノロジーで行くと、
○水が燃料に成ると。
○デーヴイツド・アイクは、ずつと、「波動」を問題として居るも
 のの、西洋はこの「波動」を理解することばを持ち合せて居ない。
○そもゝゝ、量子力學が矛盾そのものである。
○物質は粒子であると同時に波動でもある、と言ふ。
○それは、そのやうに見えると言ふに過ぎぬ。
○倉田式量子波動科學理論とそのテクノロジーは、重大な問題を
 提起して居り、
○それこそ坂元邁(一九二六〜一九八四年)が提唱したマイナスの
 科學理論による「逆産業革命」の實體化、であるだらう。

 (了)


太田龍の時事寸評
倉田式量子波動科學テクノロジーで行くと、安來市のゴミの量は九十パーセント以上減つた。ところが、業界と○○省の抵抗で市との契約は三年で終わりと。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi#倉田式量子波動科学テクノロジーで行くと、安来市のゴミの量は九十パーセント以上減った。ところが、業界と○○省の抵抗で市との契約は三年で終わりと。

KURATA式HHO燃焼システム
超高性能燃焼システムの開發における環境管理
http://www.g-n-s.jp/n-rikagaku/kuratasiki.htm

2053.水を燃やすということ??
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k7/170717.htm
 
 
 
○○省とは環境省であらう。
 
 
                                        をはり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用24掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。