★阿修羅♪ > 雑談専用24 > 345.html
 ★阿修羅♪
宮崎県】立候補予定者6人 公開討論 産業振興などで熱弁 宮崎市
http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/345.html
投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 02 日 22:38:16: yWKbgBUfNLcrc
 

立候補予定者6人 公開討論 産業振興などで熱弁 宮崎市

 12日公示の参院選宮崎選挙区(改選数1)の立候補予定者6人を一堂に集めた公開討論会(市民団体「明日の宮崎を語る会」主催)が1日、宮崎市の宮交シティであった。各候補予定者が地域間格差、地方分権、産業振興などの課題について持論や政策を論じ合った一方、聴衆は約150人(主催者発表)と、想定していた300人に届かず、選挙への関心の薄さも浮き彫りとなった。

 出席したのは、自民前職の小斉平敏文氏(57)、共産新人の馬場洋光氏(38)、無所属元職の長峯基氏(66)、無所属新人の外山斎(いつき)氏(31)=民・社・国推、無所属新人の東治男氏(61)、共生新党に公認申請中で新人の井野元裕氏(38)の6人。

 討論会では冒頭、憲法改正や年金記録の不備問題など7つの課題について○×式で出席者に回答させ、熊本市の慈恵病院が始めた「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)への賛否なども問われた。

 自己アピールでは、それぞれ「県民目線で、道路や教育問題に取り組む」(小斉平氏)「格差を是正し、憲法九条を守る」(馬場氏)「即戦力として教育や年金問題を解決する」(長峯氏)「若い力で利権構造の政治に挑戦する」(外山氏)「しがらみのない政治をする」(東氏)「市民の不平、不満を改善したい」(井野氏)と訴えた。

 討論会を聴いた延岡市の無職松田章さん(70)は「今までこのような討論会がなかったので、刺激になった」と述べ、宮崎市の主婦(34)は「教育、福祉問題を熱心に語る立候補予定者が心に残った」と話していた。

=2007/07/02付 西日本新聞朝刊=
2007年07月02日02時27分

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/20070702/20070702_001.shtml

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用24掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。