★阿修羅♪ > 雑談専用24 > 483.html
 ★阿修羅♪
問題として取り上げるには別に悲惨でもないし、証拠もないし、放っておくのも何だし(???)
http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/483.html
投稿者 観光名所男 日時 2007 年 7 月 09 日 21:33:48: Hj.bdBOUD3/FA
 

↓…こんな感じだけどね

ハンズの向かい…よく客引きの屯する角に男が二人いて、若い女と話しているのだが、
馴れ馴れしそうな男の手をその一瞬に振りほどこうとしている様にも伺えたのだった…?
“終電が間に合わなかったからには”という話のようで、おかしいのだが女性の首に回した
手を終始離そうとはしていない風だった。これは見て見ぬ振りをする者の心理というのか、
もう一人、男の側に落ち着いた感じの女性が居る様だと、もう信号を渡ってからなのだが、
親しい男女のグループであるかに思おうとしつつ“未だ凝視していた”。そのときM居酒屋(?)の
改装工事らしい「浅黒い職人達」も同様に路肩に出て見ていた様な気がした。軽トラックの
陰からでも、その一部始終は目撃できたと思う。彼らは異様なムードで事態の推移を見極めようと
していたのかもしれないが、こちらの視線で銘々の方向に視線を逸らせた感じだった(気まずいというのか)。
(※…どうでもいいが職人達は筋肉質であれ、背が低かった) ところで、そこからかなり西にある
M筋で屈強な3人の男性が歩道に広がって南下していて、そこへ女性が北上していた。擦れ違いに
両者迷うというより、その寸刻、向かって左はじの男が通せんぼで威嚇するようなモーションを何度か見せた様だ。
そのまま女性は携帯で連絡なり出迎えのコールでもしているのか、直後に特に動揺した仕草は見せなかったと
思うが、宿へ急いで近づくこちらを何か不審な追跡者としてしきりに気にしているみたいに映る位だから、
恐怖を感じた(少し間をおいて実感されて蘇ってきた)というのはあるかもしれない。
彼らにしても、こちらが通りあわさなければ、違う行動を意図していたかもしれない。
(以上が何か妙な気がした話で、細部等、実際とは違うかもしれないけど街の雰囲気でした…)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用24掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。