★阿修羅♪ > 雑談専用25 > 172.html
 ★阿修羅♪
山口県選挙区情勢:野党候補者本人が確信を持って勝利宣言,「私は、必ず勝てそうな気がするのです」
http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/172.html
投稿者 馬場英治 日時 2007 年 7 月 23 日 22:52:41: dcAX/x0KhXeNE

転載:http://exodus.exblog.jp/6142127/

総務省の内諾を受けて自民党サイトが率先して更新を始めるなど,世の中はようやくネット選挙を解禁する方向に動き始めているようだが,現時点ではまだ選挙期間中にネット上で選挙運動を行うことはタブー視されているので,当ブログでも告示後は個別の候補者について直接論評することを避けてきた.(もちろん,一般市民が自分なりの独自の選挙運動をしていけないという法律などどこにもないのだから本来は制約なしに――買収・供応や優越的地位の濫用,誹謗中傷など不法なものでない限り――許されるべきであるのだが,条文から見ると「宣伝カー」で騒音を撒き散らすことと「電話」をかけまくることくらいしか許されていないように読めるところ[後進性]が情けない.)しかし,山口県選挙区のことはやはり気になる.安倍首相のお膝元ということもあるが,それ以上に民主党の公認候補である戸倉多香子氏とは反小泉ブロガー同盟以来のよしみがあるからだ.戸倉氏は最近次のように述べておられるようだ.



「山口県でも、多くの方々の怒りは大きくて、ものすごい反応なのですが、
新聞の世論調査の結果は?です。私は、必ず勝てそうな気がするのですが、
新聞は、全国版で、安部総理の地元はOKと書きたいのでしょうか?」

「必ず勝てそうな気がする」という言が彼女の思い込みから出たものでないことは分かる.つまり,そのように判断する客観的な情勢が背景にあることは確かだと思う.それは日々の活動のリアクションとして「強い手ごたえ」を実感していることから来る確信であり,それはまた,高知県の自民党公認候補がストレートに首相を批判し(その結果首相は四国4県のうち高知には立ち寄らないという狭量で露骨ないやがらせをしたのだが)ていることからも明らかなように,政治の変化を求める地方住民の切実な期待が込められていることを感じ取っているからに違いない.それでは,「どこまで客観的か?」新聞の世論調査の結果を少し拾い読みしてみよう.

福岡政行氏(7/14)「二十九ある一人区で、自民が絶対に間違いないと言われるのは山口県だけで、最大十二議席にとどまり、へたすれば七、八議席になる。」

読売新聞(7/18)「1人区の有権者に政党支持について聞くと、自民党優位の傾向は変わっていない。民主支持が自民支持を上回っているのは岩手、三重、滋賀、徳島の4県のみだ。」

朝日新聞(7/19)「自民は46選挙区で48人を公認した。動向が注目される1人区(29選挙区)では、群馬、和歌山、山口で優勢、大分でも有利な情勢になりつつある。」

毎日新聞(7/22)「焦点の1人区では自民党は1けた台にとどまる可能性が高い。群馬、和歌山、山口、大分の4選挙区で優位な戦いを進めているが、東北、中国、四国、九州など同党の強力な支持基盤だった地域で劣勢になっている。」

毎日新聞(7/22)「都道府県別で自民が民主を上回ったのは、群馬、石川、島根、山口の4県にとどまり、富山、福井両県は同率だった。他党は公明6%、共産4%、社民2%、国民新1%など。「支持政党なし」は26%だった。」

東京新聞(7/22)「勝敗を左右する29の改選一人区では、群馬、和歌山など4選挙区で優位に立っているが、島根、岡山など12選挙区で民主党などと激しく競り合っている。」

おおよその傾向としては自民党が優勢と見られる1人区が4つほどあるとされる.パターンは,(群馬、和歌山、山口、大分),(群馬、石川、島根、山口)などだが,山口は共通に含まれる(東京新聞は言及していない).中でも,評論家の福岡政行氏は「自民が絶対に間違いないと言われるのは山口県だけ」と断定しているので,どんなことがあっても「山口」だけは[自民が]取れるというのが大方の評価である.(毎日新聞の調査は2つあり,微妙に結果が異なる.一方は投票行動に対する調査,他方は政党支持率.調査の期間・対象は完全に重複しているものと思われるので,併記した.) なお,もう少し詳しく山口選挙区の情勢を見てみよう.

ざ・選挙(6/28)「安倍総理のお膝元。めったな事では負けられない」、と3選を目指す林芳正氏陣営の鼻息が荒い。林氏自身も前回は42.8万票を集めて圧勝、今回も安泰だろう、というのが大方の見方だ。――市民運動で知名度を上げ、草の根選挙で立ち向かっているのが戸倉多香子氏。インターネットでも政治を問いかけ、無党派層の支持拡大を図っている。」

POLITICS & ELECTION NEWS(7/12)「※総理大臣の地元であり、名門の子である林が大きく先行する展開だろう。――戸倉は周南市の住民運動で活躍。平岡秀夫が懸命に支えている。2004年の意外な接戦を再現できるか。山口県内で反安倍を明確に掲げることのプラスが大きいかマイナスが大きいか。林の基盤は下関市。林の知名度は高く、安倍政権が下降したといっても、林は下関での大量得票を見込むことができそうだ。」

読売新聞(7/18) 3選目指す林リード 「3選を目指す林が、戦いをリードしている。安倍首相の地元で、衆参両院の選挙区を自民が独占する「保守王国」であるだけに、年金記録漏れ問題などの逆風の中、陣営はまとまっている。自民支持層の8割弱に浸透した。――連合山口の支援を受ける戸倉は、民主支持層の8割以上を固めた。無党派層の2割以上に浸透し、その点では林を上回っているが、課題の知名度不足は解消されていない。」

朝日新聞(7/20)「3選を狙う林が他候補を引き離している。林は自民支持層をほぼまとめた。推薦を受ける公明支持層にも手堅く支持を広げており、無党派層の半数近くにも浸透している。女性や70歳以上の支持が特に厚く、安倍首相と地盤が重なる県西部を中心に安定した戦いぶりだ。――戸倉は民主支持層の9割近くをまとめ、社民支持層にも浸透している。無党派層の4割以上の支持も受けているが、地盤である県東部以外で伸び悩んでいる。陣営が課題にあげる知名度不足が一因とみられる。」

例外なく,林の3選確実という見方をしている.林リードという判定の裏づけとなっているのは,前回改選時の選挙結果である.林議員が選出された第19回参議院選の得票を見てみると,

林 芳正    自民 前        428122
岩本 晋    民主 新        178071
魚永 智行  共産 新        65008
佐々木 信夫 自由連合 新     15507
中島 剛    維新政党・新風 新 10693

で,林が圧勝している.次点の岩本との票差は,なんと25万票もある.しかし,直前回の選挙では,民主党は元山口県副知事の大泉博子氏を立てて,この差を5万4千票まで詰めている.

岸 信夫    自民 新     365462
大泉 博子  民主 新     311851
吉田 貞好  共産 新     44970
平松 重雄  無所属 新    13419
平田 誠一郎 維新政党・新風 8557

どうも,今回の選挙はいつもの林圧勝パターンではなく,こちらのパターンに近いのではないだろうか?だとすれば,戸倉多香子氏が「必ず勝てそうな気がする」という感触を持ったとしてもそれほど不思議ではない.戸倉氏は今回始めての出馬で,「地盤」のようなものを持っているというわけではないが,これまでの市民運動家としての活動は周南市を中心とする県東部を基盤としていたと見られる.県西部は保守の地盤であり,安倍首相も県西部の長門市出身である.山口県のことはまったく分からないので,とりあえず市を拾い出して人口(有権者数)順にソートしてみた.以下の数字はすべて2004年7月の有権者数

下関市(20万),宇部市(14万),周南市(13万),山口市(11万),防府市(10万),
岩国市(9万),下松市(4.5万),光市(3.8万),萩市(3.7万),小野田市(3.6万),
柳井市(2.8万),長門市(2.0万),美祢市(1.5万)

下関は有権者20万を擁する山口県最大の都市で,安倍の最強の要塞である.ついで,宇部14万,周南13万,山口11万,防府10万,岩国9万と続く.これを地勢で3つに区分すると,

下関市(20),宇部市(14),小野田市(3.6),長門市(2.0),美祢市(1.5)=41.1
山口市(11),防府市(10),萩市(3.7)=24.7
周南市(13),岩国市(9),下松市(4.5),光市(3.8),柳井市(2.8)=33.1

県西部は,下関,宇部,小野田,長門,美祢の5市で有権者41.1万人.県東部が,周南,岩国,下松,光,柳井の5市で33.1万人,県央部が山口,防府,萩の3市で24.7万人となる.県西部を林が押さえ,県東部を戸倉が取ったと仮定すると,41万対33万となる.これは現時点における勢力分布をかなりよく反映している数字ではないだろうか?もし県央部の25万を取ることができれば,勝利の女神は戸倉多香子に微笑むことになる.この票を1:2に分けることができれば,ほぼタイに持ち込める.終盤優位な選挙ができれば,チャンスは十分ある.「絶対に間違いない」とまで言われた「山口県」で,もしも勝つとしたらそれは奇跡である.

うなる分析!そうだ!選挙に行かせよう! (kemera25,2007-07-23)
安倍首相の御膝元山口選挙区も反自民で燃え上がっている (偏見報道に洗脳されないために,2007-07-23)
「私は,必ず勝てそうな気がするのです」 (人口楽園,2007-07-23)
総理のお膝元・山口でも自民落選のチャンス大! (広島瀬戸内新聞ブログ版,2007-07-22)
【候補に聞く<中>】政治、国民の手に取り戻す 戸倉多香子氏(48)民主・新=国民新党推薦 (中国新聞,2007-07-19)
2007参院選やまぐち:候補者の横顔/中 戸倉多香子候補 /山口 (毎日新聞,2007-07-15)
戸倉多香子氏 3児の母 市民の感覚で (朝日新聞,2007-07-14)
山口県はなぜ戸倉多香子を必要とするか:≪07参院選やまぐち≫格差の現場 全5回シリーズ(asahi.com) (2007-07-08)
混乱続く世界情勢のなか 真っ先に沈没する日本の現状 (インターネット行政新聞,2007-07-06) (2007-07-07)
亡国・売国の国策に審判 記者座談会・参院選の争点 県民の苦難作る安倍・林支配 (長州新聞,2007-06-29) (2007-07-04)

【参考記事】7月5日のニュース新周南新聞社,2007-07-05)
◆林氏◆「首相の地元にふさわしい票を」
3期目に挑戦する林氏は内閣府副大臣で行政改革、規制改革を担当。公務で週末しか地元に帰れず、自民党県連は「周南地区でもあいさつ回りが十分にできてない。政策通で将来性のある政治家として、安倍首相の地元にふさわしい票を出したい」と力を込める。陣営はこれまで周南地区に作らなかった選対事務所を今回は周南市平和通に設けた。周南地区後援会長の岡田幹矢徳山商工会議所会頭は「戸倉氏の地元の周南で林先生が堂々と勝つことに意義がある」と闘志を見せる。林氏は6年前、428,211票で圧勝し、周南市で42,207票、下松市で14,336票、光市で12,441票。しかし3年前は自民党の岸信夫氏が周南市で民主党の大泉博子氏をわずか806票上回ったものの、下松市で630票、光市で716票も大泉氏を下回った。今回も逆風の中で引き締めに懸命だ。周南地区後援会は7日午後1時からピピ510で100人規模の拡大世話人会を開き、林氏も出席して3選へ支援を求める。

◆戸倉氏◆政権交代狙い保守票切り崩し
戸倉氏は周南市櫛ケ浜出身で太華中、徳山高、図書館短大卒。徳山高出身の戦後の国会議員は自民党の故藤江弘一氏だけで、地元出身を強調し、周南市発足後の市議会解散に市民運動で取り組んだ実績もアピールして初議席を狙う。前回は民主党の大泉博子氏が周南市で32,425票、下松市で12,528票、光市で11,754票を獲得し、下松、光市では自民党の岸信夫氏を上回った。6月には小沢一郎党代表も来県して連合山口などにテコ入れを図った。民主党県連代表の平岡秀夫衆院議員は「安倍首相の地元、しかも1人区の山口県で民主党が勝つことは政権交代の決定打。必ず勝ちたい」と力を込める。全日本仏教会推薦で民主党から比例代表に立つ岩国市の浄土真宗本願寺派住職、藤谷光信前県議とのアベック選挙も支持拡大に有利。陣営は「これまで食い込みが難しかった山間部の保守層も寺の支持を受ける“藤谷効果"で手が届くようになった」と手ごたえを話している。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用25掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。