★阿修羅♪ > 雑談専用25 > 484.html
 ★阿修羅♪
政権党の支持者が政権党の支持を辞めて野党を支持する事ほど重要な事はありません。
http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/484.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2007 年 8 月 11 日 00:53:53: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 主観主義の問題だからこそ、人の気持ちがわかる、わからないなどという問題に擦り替えるべきでない。 投稿者 heart 日時 2007 年 8 月 10 日 22:50:22)

政権党は何故政権党足り得るのか?
有権者の最大の支持を集めているからです。
その最大の有権者集団が支持政党を変更するという事ほど重要な政治変革はありません。
この事の理解なしにいかなる政治変革も不可能です。

>>このような主観に対して「そんな中途半端な事ではダメだ。」と言った所で多くの>>人は耳を貸しません。

>貴方も含めてですね。

人々の主観は中々変わりません。
共産党の主張は人々の所に中々伝わらないのです。
共産党には前提にしている世界観があり、多くの有権者にとってその世界観はなじめないものなのです。
陰謀論者の世界観が多くの人にとって眉唾物と思われるように。

>>共産党のようなエリート主義の集団は国民のこのような一歩を評価しないのです。
>>自分の意識がはるかに高い所にいると思っているからです。

>貴方も自分の意識の方が高いところにあると思うからこそこうやって発言しているの>でしょう?

いえ、私は多くの有権者の意識に自分を近付けようとしています。
そうでなければ何も始まらないからです。
有権者の意識の中の何がよりよき社会を作る為に役立つのかを考えているのです。
高い所から見下ろしているワケではありません。
それは共産党がやっている事です。

>>自民党支持者の票を民主党へ回す事が一番重要な時に「民主党も自民党と同じ>>>>だ。」と言って水を差すのです。

>「自民党支持者の票を民主党へ回す事が一番重要」というのは貴方の主観的判断でし>かありませんね。
>そんなものが一番重要だなどとは私は思いませんよ。

政権党支持者の意識を変える事は一番重要ですよ。
何故これが一番重要ではないのですか?
民主党支持者の意識を共産党支持へと変えるよりも重要です。
政権の中枢を我々は攻撃すべきなのです。

>「水を差す」という表現も、どうでしょうか。
>自分が見たい結果を見れるように自分にとって都合の悪い情報を流されたくないとい>うだけではないですか。

では「民主=自民」は証明されましたか?
証明されてもいないものをあえて持ち出して自民から民主への票の流れを無意味であるかのごとく宣伝する事は自公政権打倒という闘争に水を差しているのです。民主には無い悪い面を自公政権は持っていると私は考えているので自民から民主への票の移行を歓迎するのです。

>都合の悪い情報を隠すことに汲々としている辺りは権力者と同じですね。

自公政権打倒を最優先すべき時に「民主党=自民党」という論陣を張る立場とは何か?という事です。自公政権打倒にとって「民主=自民」キャンペーンはマイナスなんです。しかも「民主=自民」は民主党にも改憲派がいるとか格差拡大に民主も一役買っていたなどといくつかの例をあげて「だから民主は自民と変わりません。」と短絡的に主張するのです。差異を無視し同一性だけにスポットライトを当てるという印象操作をやっているのです。自公政権打倒よりも自党の獲得票数の方が大事だからこういう主張にシフトしてしまうのです。

>民主党大勝モードに貴方はいつまで酔っているのですか。

別に酔っていませんが。
このチャンスを最大限に生かす方法を考えているだけです。
民主党の方が自民よりもマシだという証拠が色々と出てきていると思いますが。
テロ特別措置法の延長反対は安倍自公政権よりもマシでしょ?
酔ってもいない人間を「酔っている。」と決め付けるのはいかがなものでしょうか?

>酔っている場合ではありませんよ、これから民主党、自民党がどう出るかを見ること>の

って言うかこのチャンスを生かす方法を一緒に考えませんか?
共産党が負けたら何もできないって事はありません。

>>さも自分は何でも把握していると言わんばかりです。
>>このような態度が実に鼻持ちならず国民から嫌われるのです。

>貴方の態度もそうではありませんか?

私は何でも把握しているとは思いません。
共産党は独善的でしょう。
「有権者は共産党の主張を理解しさえすればいいんだ。」
って言っているような態度です。
私は有権者の方に私の方から近づくのです。

>>何故嫌われるのかの自覚もそれほどないでしょう。

>>人の気持ちが分からないのか共産党のエリート主義です。

>人の気持ちですか。それを言うなら、貴方は日々共産党叩きをすることで、共産党支>持者たちの、政治をよくしたいとの気持ちを踏みにじっていますよ。
>そういう考え方こそ、鼻持ちならないですよ。

政治をよくしたいのだったら共産党に投票するしかないのですか?
それこそ独善的でしょう。
目的と手段がちぐはぐなのです。
政治をよくする為にはまず自公政権を倒さないといけないのですよ。
そこからしか何も始まらないのです。
「民主党も自民党と同じだ。」と言う事は自公政権を倒す役に立ちますか?

>意見に違いがあるときに、人の気持ちなどという、人によって千差万別のものを持ち>出して批判するというのはおかしいです。

共産党は自民党にお灸を据えたいという有権者の気持ちを捉えなかったのです。
結果は従来の自民党支持者と無党派層が自民党にお灸を据える為に当選可能性が高い民主党に票を投じてお灸を据える事に成功したって事でしょう。
私はこういう有権者の判断を多とします。
貴方はどうですか?

>>本当の前衛は子供が苦労して知恵を付けた時に喜ぶ親のような態度で国民に接する>>のです。

>その知恵の中身が問題ではないですか。

自民党にお灸を据える為に「今回は民主にしよう。」と思ったのは賢明だったと思います。

>前衛という言葉は誤解を招くので共産党はその言葉はやめたそうですよ。

言葉をやめても意識は前衛そのものでしょう。
共産党だけが「確かな野党」ですものね。
「確かな野党」って共産党の意識の中では「前衛」の言い換えでしょう?
ところがその前衛の中身は何か?と私は言いたいのです。

>>共産党の態度は自分の方が何でも上だと言って弟をバカにするできの悪い兄貴のよ>>うなものです。

>貴方の態度は?同じではないですか?

私は誰もバカにしていません。
共産党の選挙戦術は愚かだと言いますが愚かだと主張する理由もちゃんと述べてます。
「バカにする。」とは根拠薄弱なままに相手を貶める事です。
理由を述べていたらそれは批判です。
共産党は民主党に投票するという賢明な判断をした人々を「民主=自民」を理解していないバカ者と断罪しているのです。しかし「民主=自民」の説明は大雑把なままです。

>>子供の成長にとってどちらがいい影響を及ぼすか自明です。

>少しでもよい方向に成長するよう接するのが親の務めではないですか。
>私から見たら、貴方の育て方は、次善の子供を育てるだけです。

最善です。今回の参院選では自公を倒す為に当選可能性が一番ある野党候補に票を集中するのが最善であり有権者の多くは最善の判断をしたのです。それが次善だと断定する貴方の考えは間違っていると思います。

>>しかし、貴方からしたら、私の育て方は反抗心を持つ子に育てるだけだからよくな>>い、と。
>>反抗心を経てこそ子供は成長すると思います。
>>ヨシヨシするだけでは甘やかされて安倍みたいなのが育つだけでしょう。

有権者の多くが最善の判断を下したのにそれを喜べないのは何故でしょうか?
恐らく貴方と私とでは今回の参議院選挙における獲得目標が違ったからでしょう。
私の目標が自公の過半数割れでした。
貴方の目標は何でしたか?
自公が過半数割れになっても共産党の議席が伸びなければ勝利ではないと思ったのでしょうか?
仮に私が共産党支持を全面的に訴えていたとしたら?
共産党の得票は伸びていたかも知れませんが自公の議席はこんなに減っていたでしょうか?
元より私にそれほど影響力は無いでしょうが、大げさに言えばこういう事です。
民主支持を訴えたから自公の議席をが減ったのであって共産党支持を訴えてもこれほどまでに自公の議席は減らなかったでしょう。
そう予想したから民主支持を訴えたのです。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用25掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。