★阿修羅♪ > 医療崩壊1 > 393.html
 ★阿修羅♪
[参考]日本の臨床研究(日々の出会い日記-)
http://www.asyura2.com/07/iryo01/msg/393.html
投稿者 茶々 日時 2008 年 1 月 31 日 13:25:46: 6YmOfrLmcqc3Q
 

(回答先: 医療費、特に薬価制度の件 投稿者 茶々 日時 2008 年 1 月 29 日 09:13:39)

http://blog.m3.com/People-things/20080126/3

2008.01.26 20:49 | 診療 | 研究 | 医療制度 / 行政 | 仕事 / 職場 | その他(医療関連) | green leaves | 推薦数 : 0

日本の臨床研究

気が進まないのだけど、前に申し込んであった、
臨床研究に関してのセミナーがあって、都内へ。
科で、治験の窓口みたいな仕事もしているので。
基本的な考えかたから、臨床研究の現状と問題点という実際的な部分までで、大変に有意義だった。

ショックだったのは、
国際的な共同治験に参加割合は、世界で、日本は、60位。
インドネシアや、パキスタンより悪い(失礼)。
日本の臨床研究、臨床治験を取り巻く環境が大変に悪い。
将来的には、共同治験に参加しないと、新薬の発売許可もできなくなるだろうということだった。
現在でも、世界売り上げ上位品目薬剤99のうち、
日本で発売できない薬は、39と、39.4% にのぼる。
中国は、31%,韓国で、6.1%。
すべて、世界に習う必要はないけれど、使いたい薬の論文をみて、じりじりしている医療関係者や家族も多いだろう。
必要な新規薬剤もつかえなくなってしまう。
これは、患者にとっても、医療者にとっても、大変な損失。

昔、1970-80年代に、日本は、かなり怪しい治験をたくさん行って、安易な新薬許可と、多薬主義を行っていた。この時代には、米国より、新薬の数が多かったくらいである。その反動なのか、現在は、冗長というか、無駄というか、なかなか審査が通らないようになっている。
米国のFDA(日本の厚生労働省みたいな)の臨床医に比べ、日本の厚生労働省の医師は、1/10しかいない。
これでは、審査は進まないだろうと思う。
医者不足の反映なのか、これも。

臨床医ができる事は、できるだけよい臨床研究をくんでいくこと。これらを、発表していくこと。そして、病院全体で、治験などもできるような下地をつんでいく事、、でしょうかね。。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 医療崩壊1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。