★阿修羅♪ > 医療崩壊1 > 523.html
 ★阿修羅♪
おおむねその通り!くすりを多く出すことは現行診療報酬体系ではほとんど仁術の為である。
http://www.asyura2.com/07/iryo01/msg/523.html
投稿者 町医者 日時 2008 年 3 月 07 日 00:08:26: Jlt0pjLrwYKl6
 

(回答先: 国民の誤解 『薬価差益で病院が儲かるからこんなに薬が多いのだ』は真っ赤なウソ!!(天夜叉日記) 投稿者 忍 日時 2008 年 3 月 06 日 16:20:22)

薬を処方してもらうお金は、院外薬局であれば、「処方箋料」のみ。
それが現行診療報酬体系では、7種類以上のくすりを出すと、安くなる。「7錠ルール」がある。
更に、くすりを出すだけ、レセプトに処方理由の病名を書かねばならない。
更に、多くのくすりを出していると、複雑怪奇な決まりに合致しないとレセプト返礼(つまり、国保連合や社保庁から保険分の負担をしません)とくる確率が上がる。
更に、多くのくすりを出すにはくすりの在庫が必要で、めったに出さないくすりは期限が切れて、デッドストックになる危険をはらむ。切れれば納入分まる損。

つまり、多くのくすりを出すことは、処方せん料を安くし、レセプトに記載する病名の事務手続きを増やし、レセプト返礼やデッドストックのリスクを負っている。多くのくすりをだせば、薬同士の飲み合わせの悪い確率や、副作用確率もあがり、ヘタすれば訴訟リスクや評判を落とすリスク。

経営優先すれば、くすりは6種類以上出さず、院内薬局であれば、多くの種類、多くの量を仕入れない方がいい。(近年医療経営悪化で、断腸の思いで、こちらにシフトしている)

これで、泣く泣く、くすりを多く出すことが、患者さんを治したいというモチベーション以外にあるだろうか?

(少しあるとすれば、近くの院外薬局が赤字で退散されると困ることくらいか?)

単にくすりをいっぱい出すのが名医とは言わないが、くすりをいっぱい出すことが患者さんへの思いやりである確率は上がっていると思う。中にはいっぱいのんでると安心、薬が減らされると不安な患者もいるのです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 医療崩壊1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。