★阿修羅♪ > 医療崩壊1 > 589.html
 ★阿修羅♪
インフルエンザ・ワクチンは打たないで! /母里啓子
http://www.asyura2.com/07/iryo01/msg/589.html
投稿者 短足鰐 日時 2008 年 3 月 22 日 21:10:12: 1dEIvwQCPSw5M
 

母里啓子『インフルエンザ・ワクチンは打たないで! 』双葉社‘07年から

 「インフルエンザ・ウィルスそのものが、効果のあるワクチンを作れない性質を持っている。インフルエンザ・ウィルスは人に感染しながら、絶えず形を変えるウィルスである。このようなウィルスに効果のあるワクチンを作ろうとすることが、そもそも非常に無理がある」。
 「前橋市医師会が行った『前橋レポート』(1987年)といわれる調査で、インフルエンザ・ワクチンの集団接種をしている地域としていない地域とで、インフルエンザの流行の大きさに差がないことがはっきり証明された」。
 「実際に患者からインフルエンザ・ウィルスを採って調べてみると、そのシーズン用のワクチンを作る元となったウィルスと、実際に流行しているウィルスがかけ離れていることが多い。インフルエンザ・ウィルスがものすごいスピードで変異しているからだ」。
 「これまでの調査で明らかなのは、インフルエンザ脳症はインフルエンザ・ウィルスが原因ではなく、解熱剤やタミフルといった薬剤の関与が疑われているケースが多い」。

 「高齢者はインフルエンザを恐れなくてもいい。高齢者の場合、嚥下障害によって…気管に雑菌が入り込み、肺炎を起こしやすく、70歳以上ではこの原因が最も多い」。
 「インフルエンザ・ウィルスに自然に感染すると、体は抗体を作る。この抗体が同じ型のインフルエンザ・ウィルスにかからないようブロックする。抗体が作られる場所は、のどや鼻の粘膜と血液中の二つ。
 インフルエンザに自然感染して免疫が働くのは、のどや鼻にインフルエンザ・ウィルスがついても、そこで追い払ってくれる。ところが、インフルエンザ・ワクチンを打っても、のどや鼻では抗体は作られない。血液中に抗体を作ることはできるが、インフルエンザ・ウィルスが血液から感染することはない」。
 「インフルエンザに自然感染すると、…確実に強固な免疫力がつく」。

 「1994年、予防接種法が改正された。3歳から15歳までの子どもへの義務接種が廃止され、任意接種扱いになった。私は、そのとき、インフルエンザ・ワクチンはこのまま世の中から消えていくものと思っていた。ところが−厚生省もワクチンメーカーも、あきらめてはいなかった」。
 「1999年から翌年にかけて、高齢者の施設でインフルエンザが大流行しているという報道が流れた。これから(か)、厚生省とワクチンメーカーによるインフルエンザ・ワクチンの宣伝はみるみる過熱してきた」。
 「当時、ワクチンメーカーは、少子化どころか小中学生への集団接種が廃止されてしまい、二つのワクチンメーカーはインフルエンザ・ワクチンから撤退することになった。苦境のワクチンメーカーを放っておかなかったのが厚生省だった」。
 「インフルエンザは自然に治る病気で、特効薬はない」。
 「タミフルは危険な薬で、使ってはいけない」。
 「インフルエンザは自然現象、共生していけばいい」。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 医療崩壊1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。