★阿修羅♪ > 自然災害15 > 267.html
 ★阿修羅♪
日本の地震雲博士 四川大地震も的中させていた/北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之所長
http://www.asyura2.com/07/jisin15/msg/267.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 5 月 26 日 20:12:11: 8EItFG7yGzQIA
 

2008年5月23日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ



-PR-
●「緊急地震速報よりは役立つ」

 中国地震局が18日、四川省の地震の規模をマグニチュード7.8から8.0に修正した。95年の阪神大震災の30倍という凄まじいパワーにあらためて驚くが、この大地震を事前に予知していた研究者がいた。北陸地震雲予知研究観測所(石川県小松市)の上出孝之所長(71)だ。

 上出氏は27年間にわたって地震発生と地震雲との相関関係を研究。地震雲は地殻の衝突で発生した大気イオンが原因で出来るとされ、地震発生の2週間ぐらい前から確認できるケースもあるという。上出氏はこれまでの研究から、地震雲の形や長さから8種類に分類。蓄積したデータや経験則を基に、地震の発生時期や場所、規模を予知するという。上出氏が言う。

「今回は11日午後3時すぎ、西南西から東北東に延びる地震雲を確認しました。帯状型で、たくさんの小さな雲が寄り添うタイプ。これは大規模地震の発生前に見られる形で、マグニチュードは8.0規模と予想。場所は中国と判断しました。確率の問題ですが、(気象庁の)緊急地震速報よりは役立つと思います」

 上出氏は、十勝沖地震(03年、M8.0)、スマトラ沖地震(04年、M9.3)などの予知も的中させている。最近ささやかれる関東周辺での大地震は起きるのか。

「4〜5日以内に、東京や千葉などの関東圏でマグニチュード4〜5規模の地震が起きると見ています」

 備えあれば憂いナシ。事前の心構えが必要だ。

【2008年5月20日掲載】
『日本の地震雲博士 四川大地震も的中させていた - 速報 ニュース:@nifty』より



http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02036966/1.htm





また、下の東京大学地震研究所助教授の記事でも地震と雲との関連性が指摘され、どうやら地震と雲とは関係がありそうです。





佃 為成(2006-09-01 11:53)
 地震予知観測の基本は、岩盤の動きをとらえる地殻変動と微小地震観測だ。岩盤の動きだけでなく、その間隙に潜む流体(水やガス)の動きも地下からのサインを出す。この情報を活用しない手はない。

 深部流体は熱い。地表付近まで熱を運ぶ。浅い井戸の冷たい水に下から熱い水が侵入、水温を上げる。大量の熱水が広範囲に上昇すると、地面の岩盤を温める。地温が上昇する。地温が上がればその上の空気が温められ上昇し、水蒸気が冷えて小さい水滴になりができる場合もあるかもしれない。

 地下の水にミネラルが多い深部の水が浸入すると、水中に電気を帯びた粒子、イオンが増える。深部の高圧水は地表を突き破って噴き出すかもしれない。噴き出さないまでも、地表付近の岩や土を持ち上げる、モグラのように。流体にはガスも含まれる。臭いのきつい硫化水素のようなガスが噴き出せば、動物はいやがるだろう。

 中でも、ラドンガスは特別に注意が必要だ。ラドンガスは“放射線”を機関銃のように撃ちまくるギャングだ。空中の空気分子や塵などが放射線の弾を撃ち込まれ、電子などの粒子がはがれたり、はがれた粒子が別の粒子にくっついたりする。そのとき、電気のやり取りも行われる。それまで電気的に中性だった粒子も電気が減ったり、増えたりして電気を帯びる。つまり、多数の電気を帯びた粒(イオン)が生成される。イオンが空中に多くなると、真っ直ぐ飛ぶべき電波が跳ね返されたり、方向を曲げられたりする。電波の異常伝播だ。イオンが多い空気は放電し易くなり、発光現象の発生を助ける。

 地上や空中の現象で地震に関係がある現象は、地下からのエネルギー(熱や化学エネルギー)や物に由来する。岩盤の変形を測る地殻変動観測は直接的、微小地震観測による群発地震の検知も直接的。地下水位の観測は、地殻変動を補うもの。地下水温や地下水の電気伝導度観測は深部流体の動きをキャッチし、岩盤の変形を間接的にとらえる。

 地表の地殻変動観測では、深い所の岩盤の変形をとらえていない場合もあるが、地下水温などの観測によって、かえって、深部の情報をつかむことができるかもしれない。地下で電気が発生するのも、流体の移動によって異種の物質(イオン)が遭遇し、ある種の電池ができたりするのが原因かもしれない。

 地上や空中の異常現象は多いが、元はといえば、地下から運ばれた何ものかが悪さをしたものだ。(「地下からのサイン(4)」に続く)

(東京大学地震研究所助教授)
『岩盤の動きをとらえる〔地震・震災特集〕地下からのサイン(3)〜地震予知の現状〜【OhmyNewsオーマイニュース】』より



http://www.ohmynews.co.jp/news/0/268





尚、非常に未知の部分が多い分野なためか、関連活動・関連機器等で統一協会がこの地震予知関係をビジネスチャンスと見ているらしいという情報があります。

 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 自然災害15掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。