★阿修羅♪ > 自然災害15 > 314.html
 ★阿修羅♪
大地震:富士山級「海山」が震源
http://www.asyura2.com/07/jisin15/msg/314.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2008 年 9 月 02 日 05:38:23: KqrEdYmDwf7cM
 

大地震:富士山級「海山」が震源
http://mainichi.jp/select/science/news/20080829k0000m040173000c.html

茨城県沖の地下構造の想像図

 茨城県沖の海底下に富士山級の海山(かいざん)が沈み込み、マグニチュード(M)7級の大地震を繰り返し起こしていることを、東京大地震研究所などが突き止めた。太平洋側には海山がこのほかにも数多くあり、これらの場所が分かれば、大地震の震源域などが予測できる可能性があるという。29日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 プレート(岩板)上にある海山が、プレート運動で沈み込むと、海山がある場所で摩擦が強まり、大地震を引き起こすと考えられてきた。また、茨城県沖で約20年ごとに繰り返されるM7級の大地震は、海山との関係が指摘されてきたが明確ではなかった。

 研究チームが、この地震の震源域で音波による構造調査を実施したところ、深さ約10キロの地中に、高さ約3000メートル、直径約50キロの富士山級の山があることが分かった。約70万年前に日本海溝から沈み込んだ海山だと推定された。

 一方、82年7月に茨城県沖で起きた地震(M7)を解析した結果、この海山のへりにひずみがたまって震源となり、海山の前方に震源域が広がっていることが判明した。08年5月の茨城県沖での地震(M7)の前震でもへりが震源だった。

 海山が沈み込んで通過した後のすき間には、堆積(たいせき)層が作られるなど軟らかくなっており、震源域にならないと推定。従来考えられてきた海山そのものも震源域でなかった。

 東京大地震研究所の望月公広助教(海域地震学)は「今後、海域調査によって海山の位置などが特定できれば、大地震の震源域の範囲を予測できる可能性がある」と話している。【河内敏康】  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 自然災害15掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。