★阿修羅♪ > 憲法1 > 528.html
 ★阿修羅♪
護憲の視点から社会派の番組を作ってきたNHK山口智也ディレクターが「泥酔」「電車内痴漢まがい行為」で現行犯逮捕
http://www.asyura2.com/07/kenpo1/msg/528.html
投稿者 passenger 日時 2007 年 6 月 05 日 16:13:02: eZ/Nw96TErl1Y
 


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007060500518 (時事通信)
2007/06/05-13:43
NHKディレクターを逮捕=電車内で女性にほおずり−警視庁

 電車内で女性にほおずりをしたとして、警視庁成城署は5日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、東京都調布市国領町、NHK制作局の山口智也ディレクター(42)を逮捕した。
 同ディレクターは「記憶がない」とした上で、「もし事実ならば、罪を償う」と話している。逃走の恐れがないとして、釈放された。
 調べによると、山口ディレクターは1日午後11時40分ごろ、京王線の明大前〜桜上水間を走行中の通勤快速車内で、隣りに立っていた都内在住の女性(33)にほおずりをした。
 都内在住の男性会社員(46)が気付いて同ディレクターを取り押さえ、桜上水駅で駅員に突き出した。
 山口ディレクターは帰宅途中で、酒を飲んでいたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.asahi.com/national/update/0605/TKY200706050195.html?ref=rss

NHK職員、電車内で女性にほおずり容疑で逮捕

2007年06月05日13時10分

 電車内で女性にほおずりしたとして、NHKの山口智也制作局ディレクター(42)=東京都調布市=が都迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に現行犯逮捕されていたことがわかった。「酔っぱらっていて覚えていないが、事実だとしたら社会的制裁を受ける」と話しているという。同ディレクターはすでに釈放されたという。

 成城署の調べでは、山口ディレクターは1日午後11時40分ごろ、京王線の車内で、都内の女性(33)にほおずりした疑い。乗り合わせた男性が取り押さえ、桜上水駅で駅員に突きだした。

 NHKによると、山口ディレクターは接見した弁護士に「眠っていて意識がなかった」と話したという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070605i405.htm?from=main4
(2007年6月5日13時33分 読売新聞)
電車内で女性にほおずり、NHKディレクターを逮捕

 電車内で女性の顔にほおずりしたとして、NHKディレクターの山口智也容疑者(42)(東京都調布市国領町)が都迷惑防止条例違反の現行犯で警視庁成城署に逮捕されていたことがわかった。


 山口容疑者は、東京地検に同容疑で送検された翌日の4日に釈放されている。

 同署によると、山口容疑者は1日午後11時40分ごろ、世田谷区内を走行中の京王線の電車内で約2分間にわたり、隣に立っていた女性会社員(33)の顔にほおずりした。山口容疑者は酒に酔っていたという。

 NHK広報局の話「職員が逮捕されたことは、その後釈放されたとはいえ、遺憾です。事実関係を調べたうえで対処したい」

(2007年6月5日13時33分 読売新聞)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3578897.html (TBS)

NHK職員逮捕、電車で女性にほおずり

 児童買春をしたとして職員が逮捕されたばかりのNHKですが、今度は電車内で女性会社員に痴漢をしたとして、制作局の42歳のディレクターの男が警視庁に逮捕されました。
 東京都の迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたのは、NHK制作局の42歳のディレクターの男です。

 このディレクターは今月1日の深夜、東京の京王線の電車内で、明大前駅から桜上水駅の間、33歳の女性会社員の頬に自分の頬を擦り付けるなどしたところを、乗客の男性に取り押さえられ逮捕されました。

 ディレクターは帰宅する途中で、当時、酒に酔っていたということです。ディレクターは4日に釈放されましたが、「やった認識はないが、事実であれば謝罪したい」と供述しているということです。

 NHKでは、先月31日にも34歳の職員が女子高校生とわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いで逮捕されたばかりです。NHKは「職員が逮捕された事は釈放されたとはいえ遺憾です。事実関係を調べた上で対処します」とコメントしています。

(05日14:29)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070605AT1G0501305062007.html (日経新聞)

女性にほほをすり付け、NHK職員逮捕

 電車内で女性のほほに自分のほほをすり付けたとして、警視庁成城署は5日までに、NHK制作局の山口智也ディレクター(42)を東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕した。「酒に酔っていて気が付かなかった。迷惑をかけたなら申し訳ない」と供述、既に釈放されている。

(14:01)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://blog.goo.ne.jp/aozoraaid/e/da681ac5cd0141ce10b68e5798c0162e

ETV特集・焼け跡から生まれた憲法草案―「日本の青空」には言及せず

[ Weblog ] / 2007年02月12日 02時51分28秒

 2月10日、NHK教育の「ETV特集」で「焼け跡から生まれた憲法草案」を放映。内容は、映画『日本の青空』と同様に、憲法研究会の画期的な活動に焦点を当てたものだった。GHQ憲法草案が作られる1ヶ月以上前、日本人の手によって、主権在民と平和思想がうたわれ、人権の条項も充実した憲法草案が作られていた。自民党の改憲の論拠となっている「アメリカの押しつけ」という主張を完全に覆す事実である。この事実を放映したことの意味は重要である。しかしながら、番組では『日本の青空』には、ひと言も触れず。ちょっと不自然な気がするが…。

出演 大塚洋 千田隼生 津野哲郎 
    天現寺竜 原田文明 本多晋 
    若松武史 エルダー・コーヘン マーコフ・ダニエル 
    ビンセント・ペリー クリスト・ピエトロ リカヤ・スプナー

司会 森田美由紀

証言者 川井耿子 鹿島理智子 佐々木貞夫 
     箕島清夫 原秀成 公文豪 小西豊治 
     小池聖一

解説者 古関彰一

撮影 浅野康治郎

編集 吉岡雅春 青木孝文

ディレクター 山口智也

製作統括 塩田純
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://0000000000.net/p-navi/info/info/200607151508.htm
2006.07.15

(本日)NHK-ETV特集 「難民をどう受け入れるか」

本日15日夜、NHK教育で、日本における難民申請者たちの現状と問題を伝える番組が放映されると急なお知らせを受け取った。

クルド人、アフガニスタン人、ビルマ人ら難民申請者たちや、ベトナム人難民たちはいま日本でどう生きているのか、また日本政府は彼らをどう扱っているのかを、ドキュメンタリー映像と緒方貞子さん(元国連難民高等弁務官)らのスタジオ解説を交えて伝える1時間半の番組。
山口智也ディクレター制作。ジャーナリストの土井敏邦さんがその一部の、子どもを独りで育てながら日本で祖国の民主化運動を続ける難民申請者のビルマ人女性(チンカイさん)の取材・撮影を担当している。

「日本の難民政策を通して、日本の「国際感覚」を問う番組」だとのこと。

(番組名)NHK教育・ETV特集 「難民をどう受け入れるか」

(日時)7月15日(土曜日) 午後10時より午後11時半まで
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 憲法1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。