★阿修羅♪ > 昼休み9 > 401.html
 ★阿修羅♪
なぜ、日航ジャンボ機・JAL123便は御巣鷹山へ導かれたのか・・・。この事件の最大の謎かもしれない。なぜ、日航ジャンボ機
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/401.html
投稿者 愉快通快 日時 2007 年 12 月 05 日 05:44:30: aijn0aOFbw4jc
 

http://nikkeiheikinsakimono.cocolog-nifty.com/nikkoujmbonosinnjitu/2007/09/jal123_4b1a.html
なぜ、日航ジャンボ機・JAL123便は御巣鷹山へ導かれたのか・・・。この事件の最大の謎かもしれない。なぜ、日航ジャンボ機・JAL123便は御巣鷹山へ導かれたのか。他の事例はすべて証明ないし、つじつまを合わすことが出来る。しかし、御巣鷹山へ導かれた事だけは、解明できない。これは、各書物にも記されている。御巣鷹山は自衛隊のゲリラ戦の秘密訓練地域。自衛隊からすれば、ここで日航ジャンボ機・JAL123便を打ち落とすのが一番都合がいいはず。土地勘があるからで、墜落前にはすでに、自衛隊の緊急部隊がこの御巣鷹山へ向っていたという。であるから、自衛隊からすれば、御巣鷹山で撃墜させることをすでに計画していたのだ。ボイスレコーダーは録音された後、改ざんされている。垂直尾翼にミサイルが衝突したという会話を消したように、御巣鷹山へ行けという指示があったように思う。それが消されているのだろう。横田基地への着陸を拒否された日航ジャンボ機・JAL123便は、次のようにして御巣鷹山へ導かれたのだろう。「日航ジャンボ機・JAL123便へ。住宅地には着陸することは許可できない。大惨事になる恐れがあるからだ。海か山しか、着陸を許可することが出来ない。それならば、自衛隊として土地勘のある御巣鷹山へ行き、胴体着陸を行なうことが最良だ。そうすれば、自衛隊は緊急体制も取れるし、現地にいち早く、救出にもいける。すでに、そのように体制をとっている。だから、御巣鷹山へ向い、胴体着陸するのだ」と。そして、その事実とは裏腹に、日航ジャンボ機・JAL123便は、自衛隊によって、着陸前にミサイル攻撃で真っ赤な炎に包まれながら、墜落していったのだ。救出に向ったとされる自衛隊は証拠隠滅のために、緊急体制を整のへ、すべてを闇に葬りさったのだ。御巣鷹山へ向ったのは、絶対に自衛隊が導きいれたのだ。撃墜させる為に・・・・。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み9掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。