★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 135.html
 ★阿修羅♪
内閣は財務省傀儡…福田“操り人形”化に懸念も (ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/135.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 10 月 07 日 22:01:37: sypgvaaYz82Hc
 

内閣は財務省傀儡…福田“操り人形”化に懸念も (ZAKZAK)
増税シフト着々…サラリーマン悲鳴

 福田政権に対する財務省支配が強まっている。党役員や重要閣僚に、財務省出身の伊吹文明幹事長ら同省の息の掛かった政治家がズラリと並ぶ。中央省庁と対決姿勢をとっていた安倍政権には冷ややかだった財務省も、福田政権に歓迎ムード一色だ。同省が狙うのは、天下り規制の骨抜きや消費税増税…。財務省は高笑い、サラリーマンが悲鳴をあげる「財務傀儡」政権となるのは間違いない。


 「なんだか財務省と話をしているみたいだ」


 先月24日、国会内で行われた自民、公明両党の政権協議。伊吹氏や元財務相の谷垣禎一政調会長を前に、公明党側からこんな声が漏れた。

 公明党は合意文書に、高齢者医療費負担増の凍結を盛り込むことにこだわったが、伊吹氏らは財源の観点から慎重論を唱えたのだ。結局、公明党は押し切ったが、財務省関係者は「凍結だってなんだっていいが、財源はどうする」と指摘しており、伊吹、谷垣両氏の裏に同省の影がちらつく。

 財務省幹部も「伊吹氏に何人かの幹部が『ご就任おめでとうございます』と言いにいったが、伊吹氏は喜んでいた。やはり財務省出身だ」と漏らす。伊吹−財務省ラインは盤石のようだ。

 “財務省支配”が着々と強まる中、同省が力を入れるのは、来年3月に任期切れとなる日本銀行の福井俊彦総裁の後任人事。同省は元財務次官、武藤敏郎副総裁の昇格を狙う。日銀総裁は、速水優氏(日銀出身)まで、日銀と財務省出身者が交互に就いていたが、速水氏の後任に福井氏(同)が就任したことで、この慣例は崩れた。

 このため、財務省は巻き返しに懸命なのだ。福田政権誕生は追い風にもなっており、財務省有力筋は「福田首相は小泉政権下で官房長官のとき、民間人起用論もあった中、『プロパーがいい』と福井氏を支持してくれた。武藤氏はプロパーのようなもので、日銀内の信頼も厚い。しかも官房長官は税のプロ、町村信孝氏だ。税のプロが財務省と仲が悪いわけない」と期待する。

 政府系金融機関の人事でも財務省の影が色濃く反映し、官僚の天下り批判もどこ吹く風だ。

 政府は先月28日、政府系金融機関3行の次期総裁人事を閣議了解した。安倍政権時代、塩崎恭久官房長官は天下り規制をアピールするため、3行ともトップを民間人にするつもりでいた。

 だが、ふたを開ければ、3行のうち国際協力銀行は田波耕治副総裁が昇格、国民生活金融公庫は薄井信明総裁が再任。両氏は元大蔵事務次官で、大蔵OBの「指定席」を維持したのだ。

 日本政策投資銀行総裁には、伊藤忠商事前会長の室伏稔氏を起用し、前身の日本開発銀行の初代総裁以来50年ぶりの民間人となったが、室伏氏はすでに76歳。副総裁には前財務次官の藤井秀人氏が就いており、室伏氏の後任を伺っている。

 わずか数カ月前の方針が白紙撤回されたわけだ。参院選で自民が惨敗し、官邸主導が完全に“崩壊”したとみるや、巻き返しに出るところは「したたか」の一言に尽きる。

 民主党幹部は「額賀福志郎財務相もこうした財務官僚の動きを封じることは無理」と批判する。それどころか、財務省幹部は「額賀氏は衆院大蔵委員長をしていたし、関係は良好」と額賀氏留任にほくそ笑んでいる。

 天下りを規制するために設置する新人材バンク構想にも、財務省内からは「どうにでもなる」と骨抜きを狙う声が公然と上がり、担当の渡辺喜美行革担当相には孤立感が漂う。「人材バンクは白紙になる」(自民関係者)との憶測まで飛ぶ。

 財務省は総選挙後の消費税増税まで画策する。

 解散・総選挙が政治日程に浮上する中、増税を声高に唱えても国民の理解を得られないことは財務省も百も承知。「民主党が増税に賛成するはずがない」(財務省筋)と、衆院選まで増税を棚上げするのは織り込み済みという。

 それでも、選挙後をにらみ、財務省は増税論者の谷垣氏、留任が決まった財務省OBの津島雄二・自民党税制調査会長に期待している。津島氏は民主党案の全額税方式による最低保障年金について「魅力がある」と秋波を送った。民主党に税制協議を呼びかけたものとみられ、財務省との表裏一体感がうかがえる。

 自民党内の構造改革推進派は「福田首相は外交はともかく、内政面での政策はよく分からない。それだけ内政には関心がないのだろう。財務官僚は首相をくみしやすいと思っている」と、首相が財務省の“操り人形”になることを懸念する。

 国税庁の調査によると、民間企業のサラリーマンが06年に受け取った平均給与は、434万9000円で前年を1万9000円下回り、9年連続で減少した。その上、消費税増税まで図られては、悲鳴をあげるしかない。首相には17年のサラリーマン経験はあるが、父・赳夫元首相の庇護下の生活では本当の苦しみなど味わったこともないだろう。

 思えば、自民党総裁選で、“麻生クーデター説”を流し、福田総裁誕生に一役買った片山さつき氏も財務省出身だった。恐るべし財務省である。

ZAKZAK 2007/10/01

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007100131_all.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。