★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 138.html
 ★阿修羅♪
“エリカ様”あの舞台あいさつでキレた本当のワケ  関係者が明かすブチ切れの原因は = ZAKZAK
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/138.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 10 月 10 日 22:50:46: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_10/g2007101014_all.html

 「別に…」「特にないです…」。お笑い芸人がギャグに使うほど浸透している女優、沢尻エリカ(21)=写真=の主演映画での舞台あいさつ騒動。あの不機嫌の原因が、当日身につけていた“ヅラ”だったことが関係者の話で分かった。

 映画「クローズド・ノート」が公開された9月29日。東京・有楽町の日劇2で共演者とともに初日舞台あいさつに立った沢尻のファッションは異様だった。

 人気アニメ「はじめ人間ギャートルズ」に出てくるような右肩を露出したヒョウ柄の原始人風ルックに金髪のカツラ。そして、やはり人気アニメの「ど根性ガエル」に出てくる主人公ひろしのように大きなサングラスを頭頂部に引っかけたスタイル。よく見ると、カツラが目深に被った帽子のようにも見えた。

 このときの舞台裏の様子を、沢尻に近い関係者が初めて夕刊フジに明かした。

 「楽屋で用意されていたカツラを見た瞬間、沢尻がブチ切れたんです。彼女には専属のヘアメイク担当もいるんですが、最後はいつも自分で直してしまうほど、イメージ作りにはこだわりをもっている。この日も自分のセンスで衣装とカツラを指示したはずだった。それが、届いたカツラがどうにもイメージと合わず、一気にテンションが下がってしまったんです」

 舞台あいさつでは、同じ事務所に所属する司会の元フジテレビアナ、富永美樹(36)が、不機嫌な沢尻に対し、懸命に映画の良さを引き出そうと質問を投げかけたが「別に…」「特にないです…」など、帰ってきた言葉は3言だけ。後日、出演したワイドショーのインタビューで沢尻は「“私情”を持ち込んでしまった」と泣いて詫びたが、なんとも他愛ない原因だったのだ。

 そんな沢尻を擁護する声も少なからずある。

 「ファンを前にした舞台あいさつでの態度は謝ってすむものではないが、取材のたびに奇抜なファッションに着替えてくるのは彼女のサービス精神であり、プロ意識の表れ。今回はそのこだわりが裏目に出てしまった」(事務所関係者)

 沢尻は映画の初日を迎えるまで、新聞、雑誌、テレビの取材を100社以上こなした。早朝の取材もあり、熱心に応対していたという。だが、最後の最後にミソをつけた原因が“ヅラ”だったとは、あまりにお粗末すぎて、公表できないか。

ZAKZAK 2007/10/10

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。