★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 144.html
 ★阿修羅♪
人間だって救ってほしい 國枝すみれ(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/144.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 10 月 15 日 17:38:10: 2nLReFHhGZ7P6
 

http://mainichi.jp/select/opinion/kunieda/news/20071015dde012070042000c.html

風に吹かれて:in the U.S.A.
 人間だって救ってほしい=國枝すみれ


 ニューヨークの不動産王レオナ・ヘルムスレーさん(87)が8月末、愛犬のマルチーズに遺産1200万ドル(約14億円)を残して死んだ。彼女は「意地悪女王」として有名だった上に、強欲でもあった。「税金は庶民が払うもの」と豪語し、実際、脱税罪で19カ月間服役した。

 彼女の行為を批判する声はあまり出なかった。米国人は他人からとやかく言われることを極端に嫌う。「自分の金をどう使おうと勝手」と本気で思っている。お金があれば、同じことをする人は多いだろう。米国には6800万匹の犬、7300万匹の猫が飼われている。合計すれば米人口の半分弱。子どもの数より多い。ペット関連市場は410億ドルに拡大している。

 シャンプー、ヘアカットで8000円は普通。でも、ブランド服を着せ、マニキュアをする必要はあるのか。ペットホテルで、旅先から電話をかけてきた飼い主の声を流すのはいいとしても、個室のテレビで「101匹わんちゃん大行進」のビデオを流す意味はあるのか。

 私は小学生のとき、「人間よりも動物の気持ちの方が分かる」と正直に話し、変人と思われたくらいの動物好きだ。だが、犬猫を可愛がる一方で、人間には異様に冷たい米国社会にはうんざりすることがある。

 例えば、サンタモニカの海岸通り。4本の足に赤い靴を履いた飼い犬と散歩する人の脇で、年老いて衰弱した女性が歩道に横たわる。貧困地区の子供は10年前の教科書を使っている。米国人は、同じ町に住む人間ですら「仲間」と認識できない。

 米国人の世界は、ますます狭くなっている。06年のデューク大の調査によれば、親友の数は過去20年で3人から2人に減った。「親友はいない」という米国人も2倍に増え、4人に1人に達した。コミュニティーも、友人も、家族も崩壊、最後に残ったのが犬と猫。確かにペットは口答えしないし、離婚もしない……。

 今日もテレビで、動物救援組織の広告が流れる。悲しい目をした犬や猫がカメラをじっと見上げ、ナレーションが訴える。「何千匹もの犬猫がいじめられ、捨てられています。彼らにセカンドチャンスを与えてください。毎月たった18ドルの寄付金で救えます」。この広告を見るたび、「人間だって救ってほしいのに」と叫びたくなる。(ロサンゼルス支局)

毎日新聞 2007年10月15日 東京夕刊


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。