★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 319.html
 ★阿修羅♪
フジタ幻の大作 「構図」「争闘」の連作4点 修復終え日本巡回展示へ【西日本新聞】
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/319.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 3 月 02 日 20:21:29: YdRawkln5F9XQ
 

フジタ幻の大作 「構図」「争闘」の連作4点 修復終え日本巡回展示へ【西日本新聞】
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/20080302/20080302_001.shtml

修復された連作「争闘」(手前)と「構図」(奥)。「偉大な乳白色」と世界の絶賛を浴びた色彩がよみがえった=1日、東京都江東区のヤマトロジスティックス美術倉庫
 エコール・ド・パリ(パリ派)の寵児(ちょうじ)としてモディリアニらと並び称された画家、藤田嗣治(つぐはる)(1886‐1968)の幻の群像大作4点が1日、東京都内で報道関係者に公開された。1928年に制作後、長く行方不明になっていた作品で、7月から5会場で巡回展示の予定。4点が国内で一堂に公開されるのは初めて。

 作品は2点ずつの連作で、自由なポーズをとる人間と動物が描かれた「構図」と、隆々とした筋肉の群衆が戦うさまを描いた「争闘」。いずれも縦横3メートルの大作。92年にパリ市内で発見され、2000年に仏政府が国宝に認定した。昨年、5年がかりの修復を終え「偉大な乳白色」と世界の絶賛を浴びた色彩がよみがえった。

 藤田は妻にあてた手紙で作品について「精魂込めて作り上げた」と記しており、修復を監修したフランス・エソンヌ県のアン・ル・ディベルデル学芸員は「パリ滞在中のフジタのすべてが凝縮されている」と評した。

 作品は7月12日から北海道立近代美術館(札幌市)で公開され、九州では来年2月に福岡市美術館(同市中央区大濠公園)に巡回展示される。

=2008/03/02付 西日本新聞朝刊=
2008年03月02日01時29分

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。