★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 363.html
 ★阿修羅♪
福田首相は財務省の操り人形…新提案も省の入れ知恵(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/363.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 4 月 02 日 22:41:23: sypgvaaYz82Hc
 

福田首相は財務省の操り人形…新提案も省の入れ知恵(ZAKZAK)

 ガソリン税の暫定税率を維持するため、福田康夫首相はギリギリの場面で「道路特定財源の一般財源化」を柱とした新提案を打ち出したが、小沢一郎代表率いる民主党からは「暫定税率廃止とはほど遠い」と一蹴された。実は、この新提案を作成したのは財務省関係者との見方が有力で、永田町では「日銀総裁人事に続き、福田首相は財務省の操り人形と化している」(民主党中堅)との声が出ている。

 「首相が記者会見する直前、ある財務省関係者が『近く首相がこういう案を発表するので』と根回しに動いていた」

 3月27日に行われた福田首相の緊急会見について、永田町事情通はこう証言する。

 民主党に一部譲歩したかのような会見だったが、その中身は財務省の意向が色濃く反映されており、鳩山由紀夫幹事長も「これは官僚の作文ではないのか」と訝(いぶか)しがった。

 財務省は長年、道路特定財源の一般財源化を狙ってきた。6兆円(暫定税率分は2兆6000億円)近い道路特定財源を国土交通省から奪い取ることは、財務省にとっては悲願。窮地に立つ福田首相に巧みに知恵を付けることなど、「官庁の中の官庁」にはたやすいことといえる。

 民主党有力筋も「そもそも一般財源化は、小泉内閣の『骨太の方針』で決まっていたことで、福田首相の英断ではない。道路整備中期計画を10年から5年にするというが、中期計画自体が(首相が廃止するという)特定財源をもとに算出されており矛盾する。暫定税率を維持し、予算編成で道路族にアメを与えようという財務省的発想だ」と分析する。

 新提案について、福田首相はごく少数のスタッフだけでまとめたとされる。このスタッフは特定されていないが、首相官邸内では坂篤郎官房副長官補と林信光事務担当秘書官の存在感が際立っている。

 坂氏は1970年に大蔵省入省。エリートが集まる主計畑を歩み、小泉純一郎内閣時代の2006年に着任してから、今現在も同職にとどまっている。林氏は80年に大蔵省入省。福田首相が官房長官時代の事務秘書官で、長官退任後も付き合いは続いた。昨年9月の首相就任に伴い、財務省文書課長から抜擢された。

 福田首相の父、赳夫元首相は主計局長まで登りつめた元大蔵官僚で、かつて首相は「父の職業を『官吏』と書くのに誇りを持った」と語っている。財務官僚に絶大な信頼を寄せており、「財務官僚の味方というより、いいように操られている」(民主党幹部)との指摘が強い。

 こうした構図は、先の日銀総裁人事でもみられた。

 福田首相は当初、元財務事務次官の武藤敏郎副総裁の総裁昇格を提示した。それが民主党に否決されると、武藤氏の副総裁留任を打診。それも一蹴されると、やはり元大蔵事務次官で国際協力銀行総裁の田波耕治氏の起用を提示した。日銀総裁ポストを元次官の天下り先として死守したい財務省の意向をくんでのことだった。

 福田首相の緊急会見当日、新提案を突然聞かされた自民党の伊吹文明幹事長は「党内手続きを取っているものではない。(首相は)政府としての考えを言っている」と憮然と言い放った。しかし、元大蔵官僚のDNAが目覚めたのか、翌日以降は「(首相は)政府として発言した。党総裁でもあり必死の思いを理解し、実現のために協力を」と軌道修正している。

 政局混乱の陰で、スーパー官庁がうごめいているのだ。


ZAKZAK 2008/04/02

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008040201_all.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。