★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 462.html
 ★阿修羅♪
米原子力空母、横須賀配備9月に延期へ/「ぼや」実は激しい損傷(カナロコ)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/462.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 6 月 19 日 13:37:06: jgaFEZzEmIsYo
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000003-kana-l14

 米海軍横須賀基地(横須賀市)への配備が予定されている原子力空母ジョージ・ワシントンで五月に起きた火災は、鎮火までに四時間以上かかり、後部の艦載機用エレベーターなど重要設備に点検が必要な激しい損傷があったことが十八日、日米両政府関係者の話で分かった。

 米側は修理のため配備を当初予定より約一カ月遅らせる方針を決め、日本側に連絡していたことも判明。配備は九月中旬以降にずれ込む見通しだ。

 米海軍は火災による原子炉などへの影響はないと説明。外務省は「(米側から)ぼやと聞いている」と横須賀市に繰り返し伝えており、政府の情報収集に課題を残すとともに、安全性をめぐって地元で不安が高まるのは必至だ。

 両政府関係者によると、空母は五月二十二日(現地時間)に南米沖の太平洋上で起こした火災後、同二十七日から寄港先の米カリフォルニア州サンディエゴの海軍基地で修理中。艦内の一部は高熱で鉄製の内壁が溶けたり、ゆがみが生じたりするなどの大きな損傷があった。設備の修理後、性能を確認する試験も必要で、配備延期は不可避と判断したという。

 米海軍が公表した調査結果では、火元は艦尾の吸排気装置とみられ、電気系統を中心に約三千八百ある区画のうち、約八十区画の損傷を確認したが、原因は断定していない。

 前任の空母キティホークと六月上旬にハワイで交代後、下旬から日本など計十カ国による米海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック2008)に参加する予定だったが見送った。

 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。