★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 484.html
 ★阿修羅♪
公用車運転手 落札企業へ大量移籍 5国道事務所(西日本新聞)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/484.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 6 月 28 日 01:02:32: sypgvaaYz82Hc
 

(回答先: 落札業者に全員が移籍 国交省の公用車契約問題で(中日新聞) 投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 6 月 27 日 23:27:35)

公用車運転手 落札企業へ大量移籍 5国道事務所 本年度契約で 北九州は全員
(西日本新聞)2008年6月27日 09:21

 国土交通省の公用車の運転・管理業務委託を同省OBの天下り会社が数年にわたり独占的に受注していた問題に絡み、本年度契約分の入札で受注企業が入れ替わったのに、乗車する運転手は替わらないケースが各地で相次いでいることが分かった。入札後の短期間に大量の運転手がライバル社に転職した形。一連の問題を追及している民主党は「あまりに不自然。背景に談合があるのではないか」と指摘している。

 国交省の資料によると、国道事業に関係する全国の8地方整備局100事務所のうち、本年度契約分の入札で前年度から受注企業が替わったのは6事務所。このうち宇都宮(栃木県)、大宮(埼玉県)、沼津(静岡県)、北勢(三重県)、北九州(北九州市)の5国道事務所は、運転手計71人の8割に当たる58人が、新たに受注した企業に転職し、運転業務を続けていた。特に北九州国道事務所の場合、運転手15人全員が新たな企業に移っていた。

 入札は毎年3月末に実施され、受注企業は4月1日から業務に就く。北九州事務所分を新たに請け負った企業によると、入札直後、落札できなかった前年度受注企業から運転手の採用を依頼され、面接の上、15人全員を雇い入れたという。

 また、大宮事務所分を受注し、運転手19人中16人を引き継いだ別の企業は「運転手を十分確保できていなかったので入札後、個別に運転手に声をかけた。前年度の受注企業が事業撤退したこともあり大量採用につながった」と説明。いずれも談合は否定した。

 しかし、問題の5事務所の入札では、予定価格に占める落札価格の割合が91‐98%に達し、唯一運転手が大幅に替わった千葉国道事務所の75%に比べ極めて高率だった。民主党の大久保勉参院議員は「談合で落札企業を決める際、運転手の再雇用まで決めていた可能性がある」と指摘。「運転手を確保しないまま入札に臨んだとすれば、それも問題だ」としている。

=2008/06/27付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/31161  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。