★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 491.html
 ★阿修羅♪
<老老介護>妻殺害の94歳被告に猶予判決(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/491.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 6 月 30 日 20:51:44: jgaFEZzEmIsYo
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000047-mai-soci

 「老老介護」疲れから同居する寝たきりの妻を殺害したとして殺人罪に問われた川崎市川崎区鋼管通3の無職、新井吾一被告(94)に対し、横浜地裁川崎支部の加登屋健治裁判長は30日、懲役3年、執行猶予3年(求刑・懲役5年)を言い渡した。最高裁によると、殺人罪での有罪判決は96歳が最高齢。

 加登屋裁判長は判決で「家族全体で相談するなどの現実的手段を取らず無理心中を図った」と被告を非難したが「社会内で余生を精いっぱい生き抜くことが、奥さんへの償い」と述べた。事件の背景として老老介護に関し「高齢者が高齢者を介護するひずみに、社会全体が対応し切れていない」とも指摘した。

 新井被告は高齢のため逮捕後に釈放されており、家族に支えられて入廷。耳の遠い被告のために裁判長が大きな声で判決を読み上げる間、被告人席に座って耳を傾けていた。

 判決などによると、新井被告は07年9月14日午前2時15分ごろ、介護疲れなどで前途を悲観し、自宅で寝ていた妻マスエさん(当時87歳)の首を絞めて殺害した。マスエさんは認知症で、夜中に大声を出したりしていたという。新井被告は殺害後、自殺を図った。弁護側は町内会などで集めた約1200人の嘆願書を出し、執行猶予付き判決を求めていた。

 最高裁によると、殺人罪での有罪判決の最高齢は、知的障害の息子を絞殺したとして起訴された母親の96歳(事件時95歳)。98年6月に名古屋地裁豊橋支部で懲役3年の実刑、2審・名古屋高裁で同10月に懲役3年、執行猶予4年だった。

【笈田直樹】  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。