★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 532.html
 ★阿修羅♪
女子中学生キックで熊退治、キャンプの危機を救う。(Techinsight Japan)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/532.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 7 月 21 日 10:34:09: sypgvaaYz82Hc
 

女子中学生キックで熊退治、キャンプの危機を救う。(Techinsight Japan)
2008年07月21日 08:07

クマのプーさんや古くはクマゴローなどアニメで親しまれている熊だが、日本に生存する唯一の猛獣ではなかろうか。
毎年、被害がニュースになる。夏休みも始まりキャンプを楽しむ人々に迫る熊の危機を女子中学生がキックで救った。

熊から襲われて大怪我をしたというニュースや、お年寄りが熊と格闘し”巴投げ”で投げた、などという話も記憶に残る。

2008/7/21asahi.comによると、
北海道知床でのことだ、北見市の女子中学生(12)は家族5人で北海道羅臼町にある羅臼温泉野営場にキャンプに来ていた。
20日の午前4時ごろ、キャンプの朝は早い、彼女はまだ寝ぼけていた。誰かが外からテントを押してくるので、妹のいたずらと思って押し返していた。しかし、いっこうに押すのをやめないので、これでもかとキックをおみまいしたのだ。
外からテントを押すのはおさまった。

これをそばで見ていた母(40)には
テントシートの向こうにヒグマの影が見えていたという。
妹ではなくヒグマだったのだ。

この時、キャンプ場にはテント20数張りに約50人がキャンプしていた。
ヒグマの襲来を目撃していた者の話では、体重70キロ前後の若いヒグマが、
鹿の親子を追っていた。
しかし、それはあきらめて、においを嗅ぐようにしてテントに近づいていったという。

熊は若いほど人間を怖がらずに、対処を誤ると危険だという。

町職員は
「ヒグマだと思って大騒ぎしていれば危ないところだった」
と話している。

寝ぼけた女子中学生の日ごろから妹と鍛えあったキック、そしてヒグマの影を見ながら冷静に我が子の応戦を見ていた母。二人の無心な行動がキャンプ場を熊被害の惨劇から救ったのだ。
(編集部:TAKESHI)

http://japan.techinsight.jp/2008/07/aritsu200807210807.html  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。