★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 611.html
 ★阿修羅♪
三笠フーズ 謎の事故米伝票450トン 「給食ルート」上流業者(産経新聞)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/611.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2008 年 9 月 13 日 16:25:59: ButNssLaEkEzg
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080913-00000115-san-soci

 米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)の汚染米転売問題で、近畿地方の保育園や病院で消費された汚染米流通ルートの最初の業者事務所で、新たにメタミドホス汚染以外の正体不明の事故米450トン分の伝票が佐賀県の調査で見つかっていたことが13日、分かった。

 この業者は佐賀県唐津市の「マルモ商事」。三笠の宮崎一雄非常勤顧問(76)の依頼で偽装工作に協力したことを認めている。メタミドホスに汚染された米に加え、カビや水濡れが原因の事故米の食用偽装に手を貸していた可能性が高い。

 伝票では、マルモ商事は昨年11月〜今年8月、三笠フーズから20〜30回にわたり、計880トンの事故米を工業のり原料として購入。すべて偽装工作に利用された宮崎顧問経営のサン商事(福岡市)に転売されていた。このうち430トンはメタミドホス米で、残り450トンの正体は不明という。

 三笠は平成15年度以降に政府から事故米計1779トンを購入。その内訳は、メタミドホス米(800トン)▽カビ毒アフラトキシン米(9トン)▽水濡れやカビ、汚臭米(970トン)−の3種類だった。

 農水省の調査でメタミドホス米は350トンが三笠の倉庫に残り、450トンの流通先も確認し、800トン全量の行き先が判明している。このため、正体不明の450トンは、水濡れやカビが原因の事故米だった可能性が高いとみられる。

 三笠はこれまで、「水濡れやカビなどの事故米は同じ産地の正規米に1〜2割混入し食用として販売した」と説明していたが、マルモ商事の伝票には「工業用」と明記されており、正規米とブレンドせずにそのまま転売して流通させた恐れもある。

 マルモ商事の代表の男性(59)は産経新聞の取材に「三笠に頼まれて伝票上で取引しただけ。実際に米をやりとりしたことはない」と偽装工作への協力を認めていた。  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。