★阿修羅♪ > 初心者質問板2 > 260.html
 ★阿修羅♪
スーパーノートを調べていたら、こんなのがありました。参考まで…
http://www.asyura2.com/07/qa2/msg/260.html
投稿者 mei 日時 2008 年 7 月 09 日 02:23:12: NXmHNZ/QqaRFE
 

(回答先: 北朝鮮の拉致はどこまで本当? 投稿者 ゆすらうめ 日時 2008 年 6 月 15 日 22:50:36)

偽札     出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドル紙幣
1990年代半ば、頻繁に使われたスーパーKなど、偽100ドル紙幣が発見されている。
スーパーXという偽100ドル紙幣は、紙の質、インクは真券と同一のもので国によっては真券としてまかり通るほど精巧に作られており、確実な証拠が無いことから真偽は不明ながら、この製造には北朝鮮政府が関与しているとする説がある。その説によれば、その目的として(1)精巧に作られた偽100ドル紙幣を大量に製造・流通させることで米ドルの通貨としての信用を毀損する(2)米ドルの通貨価値を暴落させる(3)偽札本来の目的、即ち真券として使用する などの狙いがあるものと推測されている。スーパーZという精巧な偽ドル札も登場しており、これも北朝鮮ルートではないかといわれている。
スーパーX、スーパーZより精巧なスーパーノートも2005年末現在多数流通しているとみられる。
北朝鮮による日本人拉致問題との関連においては、特定失踪者問題調査会が調査した、拉致されたもしくは拉致された疑いが濃い、拉致された可能性がある失踪者が集中している職種に「印刷工」「機械技術者」などがおり、偽札偽造を目的とした技術者の拉致が行われた可能性が指摘されている。
1996年、よど号ハイジャック事件の田中義三を含む6名がタイ・パタヤで北朝鮮製偽ドルを使用したとして現地で逮捕起訴され、1999年6月にこのうち2名に対して有罪判決が下された(田中義三は無罪)。
2006年10月25日にアメリカ財務省が発表した報告書は、スーパーノートと言われる偽ドルは「北朝鮮政府の完全な同意と管理の下で」製造され流通された、と判定している。
康宗憲・韓国問題研究所代表は以上の「北朝鮮政府の関与」指摘に“アメリカからは主張のみで証拠が一切提示されていない”と異論を唱えている。
2007年1月6日にはフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングが、北朝鮮の現在の技術では絶対に不可能な事を理由に挙げ(自国の紙幣の製造まで外国に発注しているありさまだという)、“スーパーノート製造にCIAが関与か”と、また2008年1月にはアメリカの「マクラッチー」紙が“スーパーノートは真券の疑い”と報じた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E6%9C%AD

mei
 日本人を拉致したのは、誰なんでしょうか。金正日なんでしょうか。…それとも、CIA?  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 初心者質問板2掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。