★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 229.html
 ★阿修羅♪
首相施政方針演説 【支持率回復へ】 安倍カラー鮮明(産経新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/229.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 1 月 27 日 00:42:00: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 安倍首相の演説を小耳にはさんでの感想・・・、成績の下がった子どもがケナゲニバンカイヲハカロウトとしている姿!(本文なし) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 1 月 26 日 21:22:42)

 安倍首相は初の施政方針演説で、21世紀の日本の国家像にふさわしい新しい憲法の制定などをうたった「戦後レジームからの新たな船出」を冒頭に掲げ、自らの理念を全面的に打ち出した。

 昨年9月の臨時国会の所信表明演説では、余力を残して退いた小泉純一郎前首相への遠慮があったのか、首相のキャッチフレーズである「戦後レジームからの脱却」という言葉は用いず、保守色がやや後退した感もあった。

 しかし、今年の安倍政権の基本方針を示す施政方針演説では、経済、社会保障、地方活性化などの内政問題にかなりの分量を割く一方、保守的な理念・政策を強く打ち出した。昨年末から復党問題などのゴタゴタなどで徐々に内閣支持率が低下していく中で、首相は小泉構造改革路線の継承を打ち出すよりも、原点に戻って安倍カラーを鮮明にしたいと判断したようだ。

 ただ、首相が打ち出す憲法改正や教育再生、財政再建、外交・安全保障政策などには、与党内にも異を唱える勢力も多い。とりわけ公明党からは、教育、労働行政などで首相の政策方針に次々に異論が出ている。

 演説の結びで、首相は「出来難(いできがた)きことを好んで之を勤(つとむ)るの心」と、福沢諭吉が慶応義塾の塾生向けに行った演説の言葉を引用した。行うことが困難なことにあえて挑戦し、やってのけようと努力する精神が必要だという趣旨だ。

 演説の仕上げ直前に首相自らが盛り込むことを決めたという。明治維新の志士たちの取り組みを自分に重ね合わせる意気込みを表した形だが、同時にその実現への道のりの険しさも再認識しただろう。

 就任以来、首相は折に触れて「正攻法で、おそれず、たじろがず」と繰り返してきた。奇をてらわず着実に進もうという姿勢は歓迎するが、演説内容を具体化する過程で反対・抵抗勢力をどう説得し、折り合いをつけるのか。国民はキャッチフレーズではなく、首相の実行力を問うている。(佐々木美恵)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000021-san-pol

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。