★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 360.html
 ★阿修羅♪
新党を夢見るつらさ 与良正男(論説室)―毎日新聞(発信箱)
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/360.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 1 月 29 日 21:45:46: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 【天木直人・日本の動きを伝えたい】 新党を夢見る (1/29) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 1 月 29 日 21:01:34)

 「もう一度政界再編を」「新党はできないものか」。そんな声を聞くたびに、それはかえって現実から目をそらす議論だと戒めてきた。

 政権が行き詰まれば同じ党内で首相をたらい回しするのでなく、別の政党が政権を担当する。そんな当たり前の仕組みを確立することが日本の政治を変えていく。2大政党化時代を迎え、ようやく基盤は整いつつある。まず、今の政党の枠組みの中で有権者が選んでいくのが近道だと考えてきたからだ。

 しかし、その私も最近は新党論の誘惑にかられる。自民党も情けないが民主党もなあ……。世論調査での傾向と同様、政治とカネの問題などを見るにつけ私もそうぼやきたくなるのだ。

 ついつい15年前、細川護煕氏が突如、新党結成宣言した時のことを思い出してしまう。私も「何かが変わるかも」と興奮したものだった。

 日本新党はこの92年7月の参院選で4人、翌93年衆院選で35人が当選して細川政権発足に至る。首相としての評価は芳しくないが、あの時、日本新党がなかったら非自民の各党は結集できなかったと思う。

 宮崎県知事選を持ち出すまでもない。行き場を失った有権者の受け皿となる新党が今、現れたら再び大きな変化をもたらすはずだ。小選挙区は小政党に厳しい制度だが、衆院で30人でも確保すれば国会でキャスチングボートを握って政界再々編の起爆剤になるかもしれない。

 妄想である。それほど今の政治状況は見ていてつらいという話。でも、これを読んで「その気」になってくれる人がいたら少し幸い。

毎日新聞 2007年1月29日 0時17分
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。