★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 453.html
 ★阿修羅♪
核攻撃想定の項目除外 長崎市国民保護計画案答申へ 「市民守るのは不可能」(西日本新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/453.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 2 月 01 日 10:37:46: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: <国民保護計画>長崎市 核攻撃への対応を除外(NHKニュース) 投稿者 gataro 日時 2007 年 2 月 01 日 00:43:52)

 他国から武力攻撃を受けた際の対処法などを定める国民保護計画について、長崎市国民保護協議会は31日、核攻撃を想定した項目を除外した計画案を承認し、伊藤一長市長に答申することを決めた。伊藤市長は「核兵器が使われれば市民を守るのは不可能だ。安易に盛り込めば、核被害は軽微との誤解を招きかねない」と話している。

 内閣官房は「核攻撃の想定を計画から除外した自治体は聞いたことがない」としている。

 市町村は国民保護法に基づき、国のモデル案に沿って国民保護計画の策定を進めている。だが、国の基本指針は核攻撃を受けた場合に「風下を避け、手袋、帽子、雨がっぱ等で被ばくを抑制する」などと記述しているため、長崎の被爆者団体などが「被害実態と懸け離れている」と反発。これを受け、伊藤市長は国に現実的な被害想定を示すよう2度要請したが、回答はなかった。

 協議会では、委員から「(核攻撃を含めて)あらゆる事態を想定すべきなのに市は無責任だ」との意見も出たが、協議会長の伊藤市長が核攻撃の項目を除いた計画案を提示、賛成多数で承認された。今後、長崎県との協議を経て3月末までに計画を策定する。

■核廃絶が唯一の手だて 広瀬方人(まさひと)・長崎原爆被災者協議会理事の話

 手袋や雨がっぱなどで被ばくを防げないのは被爆者なら誰でも知っている。長崎市国民保護計画案が核攻撃を想定した項目を除外したのは評価できる。国民を守る唯一の手だては核兵器廃絶しかないということを国は認識し、そのための外交努力に徹すべきだ。

=2007/02/01付 西日本新聞朝刊=
2007年01月31日23時52分

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20070131/20070131_058.shtml

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。