★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 500.html
 ★阿修羅♪
【毎日新聞社説】柳沢厚労相、辞任してけじめつけよ
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/500.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 2 月 02 日 09:19:09: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 【毎日新聞社説】柳沢厚労相、辞任してけじめつけよ 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 2 月 02 日 08:41:40)

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070202k0000m070161000c.html

社説:柳沢厚労相 辞任してけじめつけよ

 柳沢伯夫厚生労働相が「女性は子供を産む機械」と発言した問題で、野党側は1日も衆院予算委員会の審議を拒否し、国会は不正常な状態が続いた。安倍晋三首相は柳沢氏の発言を自らも陳謝する一方、辞任する必要はないとの考えを表明し、柳沢氏も辞任を重ねて否定している。

 首相は、ここで厚労相が辞任に追い込まれれば、本間正明前政府税調会長、佐田玄一郎前行革担当相に続く失脚ドミノとなり、政権の瓦解につながりかねないと判断しているのだろう。対する野党側は4日の愛知県知事選と北九州市長選を前に絶好の攻撃材料ができたと踏んでいると思われる。

 しかし、双方の政治的思惑は別として、改めて考えないといけないことがある。果たして柳沢氏は厚労相として適任かどうかという問題である。

 既に指摘した通り、発言は女性蔑視(べっし)観を思わず露呈したものであり、女性の尊厳を傷つけた。配慮を著しく欠いただけではない。「(女性という)産む機械、装置の数は決まっている。あとはひとり頭でがんばってもらうしかない」という発言の根底には、戦前の「産めよ、殖やせよ」、つまり国のために女性はみな子供を産むのが当然だという考え方があるのではなかろうか。

 時代は変わり、子供を産む、産まないは個人の人生観にかかわる選択の問題だ。産みたい人が産みやすい、そして育てやすい環境をどう作っていくかが今の政治に課せられたテーマなのだ。それは厚労省も認めているところだ。

 柳沢氏は政府が近く発足させる少子化戦略会議のメンバーとなる。会議では児童手当など経済支援中心だった従来の対策から、女性のライフスタイルを尊重し、仕事と育児の両立を可能にする対策に重点を移していくという。柳沢氏は果たしてこうした時代の流れについていけるのか。はなはだ心もとないと言わざるをえまい。

 しかも、いくら陳謝しても発言自体は消えない。多くの国民は既に「訂正してみても、あれは柳沢氏の本音」と感じていることだろう。これでは今後、柳沢氏がどんな少子化対策を口にしても、国民に対する説得力は持たないのではないだろうか。

 重要法案が目白押しでありながら与野党の政策論議が行われない状態になっている。政治とカネの問題も未消化だ。野党の審議拒否もほめられた戦術ではないが、この事態を招いた責任も含め、ここは柳沢氏が自ら辞任して混乱を収拾するのが政治家というものだ。

 柳沢氏は金融担当相を務めるなど経験は豊富だ。ただ、柳沢氏は昨秋の自民党総裁選で安倍首相の総合選挙対策本部長だった。安倍首相が厚労相に起用したのは論功行賞の意味があったのは否定できないだろう。そうした経緯からしても首相は素直に任命責任を認めるべきである。もし、柳沢氏をかばい続けることが、政権の求心力維持につながると考えているとしたら、それもまた国民世論とずれているということだ。

毎日新聞 2007年2月2日 0時44分

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。