★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 787.html
 ★阿修羅♪
一人の焼身自殺とメディアの扱い(残 照)
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/787.html
投稿者 heart 日時 2007 年 2 月 07 日 22:47:59: QS3iy8SiOaheU
 

(回答先: <焼身自殺>静岡県庁前で 空港建設に抗議か(毎日) 投稿者 天空橋救国戦線 日時 2007 年 2 月 07 日 06:35:18)

http://mature.artisan.boy.jp/?eid=492090より転載。

一人の焼身自殺とメディアの扱い(静岡空港建設問題)

昨日(2月6日)未明、静岡県、県庁前で58歳男性の焼死体が発見された。
この男性はmixiに開設している日記に静岡空港の建設反対を訴える抗議文を寄せ「命をもって抗議する」としていることから、空港建設への命を投じての抗議の焼身自殺と見られている。(asahi.com、地方版http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000702070002

* 参照 「空港反対の団体会見」(http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000200702070001

昨日の東京新聞に静岡空港建設の現況について「特報」として簡潔にまとめられているので、ご覧いただきたい。(東京新聞Website(http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20070206/mng_____tokuho__000.shtml))

この静岡空港建設問題は県政にとっては最大の懸案と考えて間違いないところだろう。
まず、静岡空港とは
・第三種空港(県が事業主体の地方空港)
・設置者、管理者は静岡県
・運営は空港運営会社(富士山静岡空港株式会社)。〈スズキ、静岡銀行、時之栖、ヤマハ、ハマキョウレックス、静岡鉄道、鈴与、スター精密、富士テクニカ、東芝機械の合計10社〉

そもそも太平洋ベルト地帯に位置し、どこへ出るにも至便な静岡県にとって、果たして山を削り、百数十年掛けて営々と耕され築き上げられた見事な茶畑を葬り、深い谷を埋めるという難事業に膨大な予算(本体および関連事業含め1,650億円)をつぎ込む空港など、本当に必要なのか、という疑義は十分に説得力がある。

よくぞ国土交通省は事業認定を承認したものだと思う。
現在のところ就航を予定している路線はは新千歳空港、福岡空港、鹿児島空港、那覇空港の4路線のみ。つまり大都市圏への路線がない。(静岡から羽田、あるいは中部国際空港などには新幹線、あるいは東名高速でわずかに1.5時間のアクセス)
したがって既に国内の多くの地方空港が路線の減少を余儀なくされている現状を省みるならば、如何に無謀な需要予測を元にした計画であるかは自明で、不思議な事業認定ではある。

焼身自殺という衝撃的な最期を遂げた人物についての情報も、事務局員を務めていたと言われる「空港はいらない静岡県民の会」の実態についてもよく知る立場にないが、東京新聞・特報から引くまでもなく、静岡の地に空港を建設するという大事業の正当性について大きな疑念があることは衆目一致するところだろう。

ここでは、昨日の夕刊から今朝の朝刊、各紙の記事をチェックしたところから少し考えてみたい。
結論的にまとめれば、一人の命を賭けた訴えというものが、メディアにおいてほとんど無視に近い扱いしかされないというところに、何かとても恣意的な力学が働いているとしか考えられない、重大な危険性を感じてしまう、ということになろうか。

朝日新聞については冒頭に引用したように、自殺当日(2/6)夕刊では全国版、社会面に最下段にわずかタイトルを含めても15行のベタ記事。
翌、朝刊の県内版にはほぼ最下段の位置に「空港反対の団体会見」記事を含め3段、70行ほど(冒頭Linkのもの)。

一方県内で圧倒的な購読者数を持っている「静岡新聞」ではどうだろうか。
当日夕刊の3面、最下部1段30行余り。
朝刊に当然詳細な続報があるのでは、とチェックするも、全く無い。
「静岡新聞」は発行部数717,000部で地方新聞としては東京新聞を抜いてTopの発行部数を誇る。(昨年夏頃までは1面題字下に、その日の発行部数を誇らしげに掲載されていた)

しかし多くの地方新聞がどちらかと言えばリベラルな紙面構成をしている中にあって、とても保守的な地方紙として“名を馳せている”。
紙面を飾るのは屋山太郎、西部邁 など名うての保守論壇。

さすれば、富士山静岡空港株式会社に名を連ねる県下大手企業に気に入らない記事など出したくない、というワケだ。
とてもジャーナリズムと名乗れる高尚なもんじぁない。
こんな新聞が県下を席巻しているのが不思議と言えば不思議な県民性だ。

もっと少しはまともな新聞であれば、静岡空港建設が持つ問題、疑惑について指摘し、県民を巻き込んでの有益な議論にも発展し得ただろうに、今回のような悲劇を起こさずとも済んだろうに、こうしたメディアにより、理性ある市民は追い込まれ、より事態を悪化させていくばかりだ。

まずはまだ遅くはないから、本件焼身自殺についての石川県知事のインタビューを敢行し、記事にしてもらいたいものだ。

なお、他の新聞においても、朝日と同様か、それ以下の扱いしかしていないことは触れるまでもない。
某放送局の女性アナウンサーの投身自殺には目の色を変えて飛びつくのに、無名の市民による抗議の焼身自殺へはダンマリを決め込む、この日本社会。

まだ明けやらぬ寒空の下、一筋の煙と供に若い命が燃え尽きて、なおこれを冒涜するようなメディア状況の中、石川知事の傲岸な空港建設推進のラッパが鳴り響く。

いよいよ「美しい国」日本の仕上げへと急ピッチに進んでいくのか。

最後に焼身自殺を遂げた井上栄作さんの抗議文を掲載して、心からご冥福をお祈りしたい。(空港はいらない静岡県民の会サイトより)
---------------------------------
石川嘉延に物申す
貴様は、静岡県民の意思に反して静岡空港建設を推し進め、 今は、農民から無理やり、権力を使って土地を取り上げ、又、反対する多くの支援者をも無視して、力ずくで排除し、 何の必要も無い、永久に税金を無駄遣いする空港を、嘘八百を並べ立てて、さも役に立つ空港であるかのように偽装し、県民を騙し、犯罪者となんら変わらないゼネコンを使い、癒着し、県民に百年の禍根を残すその所業は赦しがたい。 よって、我が命を捨ててその悪行を糾弾する。
今、地球は危機的な状況にあり、このような環境破壊に金を使うべきではなく、 間近に迫っている温暖化への対策にを使うべきなのだ。
地球市民 井上英作
---------------------------------

以下は空港はいならい静岡県民の会の声明(空港はいらない静岡県民の会サイトより)
---------------------------------
井上栄作君の焼身抗議について声明(県民の会)

 一身を持って空港建設に抗議し、自らの命を絶った、井上栄作君の訃報は痛恨の極みであり、この怒りを言葉にすることはできい。
 知事石川喜延に宛てた井上君の抗議書には「県民に百年の禍根を残すその所業は許しがたい」とあるとおり空港事業に未来はなく、県民の利益と相反するものである。
 この真理にたって、井上君は、県民の会事務局員として重責を担い、また立木を所有し、山林の共有地権者なって闘いを続けてきた。
 だが、今はもう彼はここにいない。彼をして、ここまでの思いに至らしめた理由は、明白である。われわれは井上君の意思を受け継ぎ、あくまでも空港廃絶を実現するまで闘うことを誓う。
2007年2月6日空港はいならい静岡県民の会
---------------------------------


* 参照
■ 富士山静岡空港http://www.pref.shizuoka.jp/kuukou/contents/
■ 空港はいらない静岡県民の会 http://kuukouno.hp.infoseek.co.jp/index.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。