★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 940.html
 ★阿修羅♪
Re:9.11と植草痴漢デッチアゲ事件(講演のお知らせ)---マッド・アマノ--- 世界中の人に知らせましょう
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/940.html
投稿者 これは大変だ 日時 2007 年 2 月 10 日 21:41:47: Kq60bFHMy4Bd.
 

(回答先: 『それでもボクはやってない』が問う日本の裁判制度---ビデオニュース・ドットコム--- 植草冤罪国策事件も考えよう 投稿者 これは大変だ 日時 2007 年 2 月 10 日 21:34:11)

http://www.parody-times.com/join/911/911.html
9.11と植草痴漢デッチアゲ事件(講演のお知らせ) 2007.2.3
2007/02/02

2月17日リチャード・コシミズ東京単独講演会に、特別ゲスト講演者として「植草問題」の真相を語ります!

(1)演題
「痴漢冤罪事件の真相 ★<痴漢容疑>という名の恐ろしいワナ ★植草氏が権力に狙われた真の理由」(30分)
講師 マッド・アマノ

一回目の逮捕から「植草氏はやってない」と信じ、冤罪事件というよりむしろ「デッチアゲ逮捕=国策捜査」と睨み植草氏を支援している。
なぜ植草氏は4カ月という長期に渡る拘留を強いられたのか?それには明確な理由がある。1月25日、2月9日の公判傍聴の模様などを含めて真相に迫ります。

当日、以下の書籍を即売します。
★「植草事件の真実」(植草一秀事件を検証する会/編著)ナビ出版 (緊急出版!)
★「リコール!小泉鈍一郎」(マッド・アマノ/著)特価1000円
(2)演題
「リチャード・コシミズが解析する日本と世界の秘匿された構造」(2時間)
講師 リチャード・コシミズ
主 催 リチャード・コシミズ後援会 「独立党」
911とオウム事件は、世界を裏側から支配する強大な権力が、その醜悪な姿を少しばかり露呈した瞬間でした。911とオウム事件を深く追及することが、彼らの更なる目論見を暴き、阻止し、人類を危機から救うことにつながります。数百年にわたって、彼らに騙され、殺戮され、搾取されてきた我々大衆は、子孫のために、今、なにをなすべきか、一人一人が自覚し、行動に移さなくてはなりません。もう余り時間の余裕はありません。

リチャード・コシミズが、2時間たっぷり時間を使って、911とオウム事件を解析し、背後に潜む巨悪の正体と目論見を暴きます。過去の講演では時間切れで、解説しきれなかった部分にもたっぷりと時間を割き、なにが世界の真実であるのかを明確にします。2時間の講演のあとには、参加者の方からの質問の時間も一時間弱設けてあります。
日 時  

2007年2月17日 (土) 14:30 〜 17:30 

場 所 

TKP秋葉原ホール (東京都千代田区岩本町3−3−6井門岩本町ビル7F)

アクセス  

JR秋葉原駅 昭和通口徒歩5分 都営新宿線 岩本町駅 A4出口徒歩1分 東京メトロ日比谷線 秋葉原駅4番出口 徒歩4分 MAP

定 員  

150名 (満員の場合、受付を締め切らせていただくことがあります。)

参加費用 

@事前予約 一般 3000円 。
A事前予約 賛助会員 3000円 (後援会入会の方。ただし、当日、会場にて500円返金しますので、実質2500円となります。)。
B当日参加 一般 4000円 (当日一般参加の方は、匿名で入場できます。ただし、事前予約で満員の場合はご容赦ください。) 
C当日参加 賛助会員 4000円 (後援会入会の方。ただし、当日、会場にて500円値引きしますので、実質3500円となります。) 
詳細は「リチャード・コシミズ」でネット検索願います。

以上、リチャード・コシミズ後援会「独立党」事務局


 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。