★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK33 > 777.html
 ★阿修羅♪
ニューズウィークとのインタビューで安倍首相、「従軍慰安婦」問題で謝罪 (JAPAN TODAY 英文)
http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/777.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 4 月 21 日 17:22:46: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: <口を開けて舌が二枚あるのをみんなに見せろ>首相、慰安婦問題「日本に責任」との認識(TBSニュース) 投稿者 gataro 日時 2007 年 4 月 21 日 16:55:34)

この記事の後に付いた英語のコメントが面白い。簡単に紹介しておこう。こんな調子だ。

安倍は統合失調症か病的虚言者だ。

ちょっと待ってよ(安倍が謝ったって)、じゃ二週間前まで言っていたことは何なのだ?

安倍もその政府もまったく信じられん。安倍の友人、中山元文科相は「慰安婦」のことを売春婦だ言ってるぞ、一体誰がボスなんだ。

以下は http://www.japantoday.com/jp/news/404578 からの転載。

Abe apologizes over sex slaves in interview with Newsweek
Saturday, April 21, 2007 at 13:17 EDT

TOKYO — Prime Minister Shinzo Abe, in a recent interview with U.S. magazine Newsweek, has repeated his apology over the fact that foreign women were coerced into wartime sexual servitude for Japanese military servicemen and said Japan feels responsible for it, according to a Japanese official.

"As Japan's prime minister, I am extremely sorry that they were made to endure such pain. We feel responsible over the situation in which the women had to exist as 'comfort women' and endure such hardship," Abe told Newsweek ahead of his trip next week to the United States, his first since assuming office in September.

"We must always be humble in dealing with our history and constantly give profound thought on our responsibility," he said, reiterating his government's position to stand by a 1993 statement by then Chief Cabinet Secretary Yohei Kono that acknowledged and apologized for the Japanese military's involvement in coercing the women into sexual slavery.

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK33掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。