★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK34 > 158.html
 ★阿修羅♪
安倍首相の怒りのコメントと懲りない朝日新聞(阿比留瑠比記者のブログ)
http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/158.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2007 年 4 月 30 日 11:58:47: ZtsNdsytmksDE
 

(回答先: 報告・昨夜のパーティーと安倍首相の「足」(阿比留瑠比記者のブログ) 投稿者 天空橋救国戦線 日時 2007 年 4 月 30 日 11:52:54)

2007/04/25 12:36

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/158732/

 安倍首相は昨夜のぶら下がりインタビューで、朝日新聞社が発行する週刊朝日の記事とその見出しについて、怒りを爆発させ、謝罪を求めました。長崎市長銃撃事件の実行犯が所属した暴力団と、首相の元秘書が関係しているような見出しでしたし、記事を読むと、銃撃事件が未然に防げなかったのは、元秘書と暴力団とのトラブルが原因であるかのように「伝聞」と週刊誌の引用を利用していろいろと憶測を書いていました。内容は羊頭狗肉というか、まったく朝日新聞ときたら…。

 昨日の朝日朝刊に掲載された週刊朝日の広告を見ると、この記事について、「総力特集 長崎市長射殺事件と安倍首相秘書との『接点』 城尾容疑者所属の山口組系水心会と背後にある『闇』を警察庁幹部が激白!」とありました。なるほど、これはひどいですね。だれがどう読んでも、元秘書が事件にかかわっているように感じるでしょう。一体何に総力を挙げたんだか。

 で、安倍氏の激怒から一夜明けた今朝、通勤電車の中で私が見た中吊り広告の文言は少し変わっていて、「総力特集 長崎市長銃殺テロ 語られざる『闇』 城尾容疑者所属の山口組系水心会と安倍首相の『関係』を警察庁幹部が激白」となっていました。うーん、主見出しは穏当になっていますが、結局、暴力団と首相に関係があるかのような書き方です。目先を変えただけで、結局、反省などしていないようですね。

 それで今朝の朝日新聞社会面には、ベタ記事扱いで小さく「週刊朝日報道を安倍首相が批判」という記事が載っていて、末尾に山口一臣・週刊朝日編集長の短いお詫びコメントが載っていました。「一部広告の見出しに安倍首相が射殺犯と関係があるかのような不適切な表現がありました。おわびいたします」というものですが、何のことはない、いまだに不適切な見出しは改めていないではないですか。適当にちょっと誤っておいて、問題をうやむやにしようという意図が見え見えですね。

 また、記事の方も安倍氏が「こんな記事を書いて朝日新聞の記者は恥ずかしくないのか」「これは報道ではなく政治運動ではないか」と述べた肝心の部分が省かれていましたので、例によって私が安倍氏のコメント全文を紹介します。安倍氏は官房副長官時代からたびたび朝日新聞と闘い、そのたびに手厳しい批判を繰り返してきましたが、首相になってからこれだけ激しいのは初めてだと思います。

 《Q:週刊朝日の記事で、長崎市の銃撃事件について、総理の元秘書と容疑者が所属する暴力団組織のトラブルをきっかけに警察庁が暴力団組織の捜査を開始し、警察庁が長崎県警に情報提供をしなかったため事件を未然に防げなかったのではないかという主旨の記事が載っているが受け止めを。

 安倍氏:私はこの週刊朝日の広告を見まして愕然としました。まるで私や私の秘書が、あの卑劣な凶行を行った犯人、あるいはその彼が所属している暴力団と関係があるかのごとくの記事です。一切関係がありませんし、これは全くのでっち上げで、ねつ造ですね。私は驚きとともに憤りを感じています。全くこれは私や私の秘書に対する中傷でしかない記事です。私にも私の秘書にも家族や親族もいますし、その中には子供もいるわけです。この記事を書いた朝日の記者、あるいは朝日の皆さん、恥ずかしくないですかと、このように申し上げたい。いくら私が憎くて、私の内閣を倒そうということであったとしても、これはもう全く事実に基づいてないのであれば、これはいわば言論によるテロではないかと、このように思います。これは報道ではなくて、むしろ政治運動ではないかとすら申し上げたくなります。私や私の秘書が、犯人や暴力団の組織と関係があるのであれば、私は直ちに総理大臣を、衆議院議員もやめる考えです。そのことを、関係を証明できないのであれば、謝罪を、潔く謝罪をしてもらいたい。

 Q:法的措置を検討するか

 安倍氏:これはもう、法的措置、私は週刊誌も読みませんし、相手にしない姿勢でありました。しかし、いくらなんでもあのような凶行をした犯人、あるいは凶行そのものと関係していると、こんなことを言われたら、これはやはりいくら何でも黙っているわけにはいかないと思います。》

 一国の首相が、ここまで口を極めて日本の代表的な報道機関を批判したのは他に記憶にありません。私は単純にニュース価値だけを考えてもきちんと報道するべきだと思いますし、テレビカメラも入っていたのに、昨夜のニュース番組は取り上げるのに消極的だったようですね。また、首相が報道機関に対し、「倒閣運動をしている」と指摘することも極めて異例のできごとだと思うのですが、今朝の朝刊各紙を見ても、読売、日経両紙はミニ・ニュース扱いで、東京新聞にいたっては記事が見つけられませんでした。不思議です。

 安倍氏がここまで怒った理由には、週刊朝日が取り上げた元秘書のことがあります。プライバシーにかかわるので詳しく触れることはできませんが、元秘書は安倍氏の首相就任後にさまざまな捏造報道や、野党の見当違いなこじつけ質問の犠牲となり、家庭問題で苦労し、結局、安倍氏の父、晋太郎氏の時代から勤めた安倍事務所を辞職することになりました。

 以前、国会で野党議員が、文脈上、名前を出す必要がないこの元秘書の実名を出して質問し、元秘書の家族が大きな迷惑を蒙ったときにも安倍氏はやはり激怒していました。元秘書は私も当然知っていますが、本当に人柄が良く、面倒見のよいお人よしにすら思える人でした。その人が安倍事務所を辞めて、新たな人生に踏み出そうというときにこの記事ですから、余計に憤りを感じたのではないかと推察しています。

 安倍氏は、朝日のわずか5行程度のお詫びで話を終わりにする気はさらさらないようです。それにしても、朝日って本当に懲りないですね。近々、社説で「一部の広告は確かに不適切だった。かといってこうまで怒る安倍首相の態度は不可解だ。一国の首相として常軌を逸しているといえまいか」なーんて、書いてくるのではないでしょうか…。

 


 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK34掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。