★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK36 > 1110.html
 ★阿修羅♪
<『写真の中の少年』>自分は祖父が生き抜いた印/式典で自作の詩を朗読/中学2年・匹田君
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/1110.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 6 月 24 日 11:28:43: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: <安倍首相は何をしに来たのかの声>沖縄戦「終結」62周年―政府へ怒り/集団自決 記憶消せぬ 投稿者 gataro 日時 2007 年 6 月 24 日 10:02:09)

以下は「しんぶん赤旗」(6月24日15面)から直接貼り付け。

--------------------------------------------------------------

自分は祖父が生き抜いた印/式典で自作の詩を朗読/中学2年・匹田君

「壕の外でアメリカ兵の声/『出て来い』と叫んでいる/出て行くと殺される」―。沖縄戦で集団自決のあった慶良間列島・座間味島。23日、沖縄尚学高校付属中学2年の匹田崇一朗(ひきた・そういちろう)君(13)は追悼式で、祖父を主題にした自作の詩「写真の中の少年」を朗読しました。「自分が生きているのは戦争で祖父が生き抜いた印。それを伝えたかった」と語ります。

詩を書いたきっかけは一枚の写真。沖縄戦末期、米兵の呼び掛けで防空壕(ごう)から投降した人たちと一緒に、自分と同じくらいの年ころの祖父がうずくまっていました。

「この人たちはこれからどうなるのだろう」という恐怖感を抱き、この写真をいつか詩にしたいと思うようになりました。その気持ちは「何を見つめているのだろう/何に震えているのだろう」という詩の冒頭につながっています。

温厚な人柄の祖父でしたが、戦争の話になると言葉に詰まり、時には体を震わせて体験を語りました。

その祖父は二年前に他界。匹田君は、祖父から受け継いだ命を「必死で生き抜いてきた少年がいたから/僕がいる/僕はその少年から受け継いだ/命のリレーを大事に絶やすことなく/僕なりに精一杯生きていこう」とカ強くつづりました。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK36掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。