★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK36 > 561.html
 ★阿修羅♪
これが私のマニフェストだ!【天木直人のブログ 6/14】     
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/561.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 6 月 14 日 14:27:05: 2nLReFHhGZ7P6
 

2007年06月14日
これが私のマニフェストだ!−私はあなただ、あなたは私だJ

 これが私のマニフェストだ!                                 

みなさんから貴重な意見を頂き、マニフェストを次の通り推敲しました。

1. なぜ、今、憲法9条なのか

年金問題や介護、福祉問題、さらには経済格差による国民生活の不安など、我々の生活に身近な問題が山積しています。それらの問題をさしおいてなぜ憲法9条なのかと、皆さんは思うでしょう。
憲法9条改憲問題は、そのような個別の問題と並行して、近い将来私たちが選択を迫られる重大な問題なのです。憲法9条の改憲を許すことは、日本を日米軍事同盟へ一気に傾斜させてしまうことであり、それにともなって政府の政策も軍事優先、国益優先となります。我々の暮らしや個人の権利と自由が国家の目的のために制約されていきます。これは深刻な問題なのです。憲法9条はすべての問題に優先する我々の生活に直結した問題であるのです。  
これ以上米国の言いなりになれば、日本の経済も、日本の社会も、どんどんと崩壊し、国民の生活が犠牲にされていきます。憲法9条を守るということは、米国の不当な要求をはねつけ、自主、自立の平和で豊かな日本を取り戻すということなのです。何があっても今憲法9条を捨ててはいけない。

 2. 私は国会議員になって、憲法9条を守るために次の事に全力を傾けます。

2-1. 日本共産党、社民党に働きかけ、「憲法9条を守る」という一点で護憲勢力の大同団結を実現するよう訴え続ける。
2-2.すべての政党の議員に働きかけて、改憲案の国会承認が出来ないよう9条改憲に反対する議員を三分の一以上確保する。
2-3.政治が憲法9条を守ることができなくても、最後は国民投票で改憲を阻止することができる。「改憲は認めない」と自主的に判断できる国民が過半数以上となるよう、全国を駆け巡って啓発活動を続ける

 3. 政治を国民の手に取り戻すー情報公開とインターネット選挙の実現。

最近の政治を見ていると、どの政党も、どの政治家も、本気になって国民の利益を実現し、守ろうとしているとは思えません。あるのは政党、政治家という”個人”と”組織”の利益優先です。しかもどのような政党が政権を取ろうとも権力は必ず腐敗し、国民のための政治が実現することにはなりません。
ですから既存の政治を監視し、国民、とくに社会的に弱い立場にある人々の側に立って政治を監視するオンブズマンの役割を果たす政党、政治家が必要になってきます。たとえ少数の議員であっても、その議員が本気になって国民の為の政治活動を行えば、かなりのことが出来ます。私はそのような議員の先頭に立って、新しい政治を実現します。
具体的にはより徹底した情報公開の実現とインターネット選挙の実現です。私はその二つの実現に向けて全力を傾注します。

3-1.最善、最短の情報公開は質問主意書を最大限に活用することです

すでに何人かの議員が活用し始めた質問主意書による情報開示は、今後の重要な手段です。国民が知りたい事を国民から広く募集する、国民に知らせたいことを独自で探す、そしてそれを質問主意書でどんどんと質問し、政府の回答をすべて国民に伝えます。私は国民と一体となって政治を監視し、国会議員や官僚の政策に影響を与えて行きます。

3-2.インターネット選挙を実現、発展させる。

今日の政治の諸問題のすべては、古びた選挙方法とそれを招いた選挙制度から来ていると思います。政治資金の不正が絶えないのも、政治家と利権が結びつくのも、政治家が政策を官僚に頼らざるを得ないのも、すべては選挙に勝つことを優先するからです。今の選挙制度の下では資金力がある者が有利に出来ているという現実があります。
今度の選挙で私はそれを打ち破りたい。従来型の選挙運動のほかに、私は私のブログの読者に発信し、読者の協力と自由参加による選挙活動を実行していきます。組織力も資金力もない個人でも、そのマニフェストが正しく、それが広く国民の共感を得られるのであれば、票を集めることもできる、それを今度の選挙で証明したいのです。そしてそれをきっかけに無駄なお金と労力のかからない選挙を実現する、そうすることによって真に必要とされる政治家を発掘する道を切り開きます。
皆さんもこの新しいインターネット選挙の実現の試みに参加、協力してください。

4.国会の外における活動を重視する

私が国会議員になれば国会外の活動を重視したい。具体的には全国を駆け巡って講演を続け、情報を提供し、知識を共有し、ともに学び、行動する自立した国民の育成にこの身を捧げたい。国民の自覚と自立こそ、よりよい政治を実現する最善、最短の道であると信じるからです。 


http://www.amakiblog.com/archives/2007/06/14/#000430

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK36掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。