★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK38 > 273.html
 ★阿修羅♪
家族の悲哀 = マガジン9条・デスク日誌
http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/273.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 11 日 19:18:27: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.magazine9.jp/desk/070711/070711.php

 私の故郷は、東北の小さな町です。他の地方小都市の例に漏れず、小さな駅からまっすぐに伸びる商店街は、見るも無残な状況です。
 かつての賑わいがウソのように、小さな商店の閉じられたシャッターには、閉店を知らせる貼り紙が、半分はがれて風にパタパタと揺れています。そんな店が、商店街の3分の2ほどを占めています。
 クルマ社会が訪れる前に賑わった商店街です。当然、道幅は狭く、小さな店には駐車場などありません。モータリゼーションに、ついてはいけなかった町です。置き去りにされ、なすすべもなく、シャッターに賑わいを譲らざるを得なかった町です。

 そんな町でも、私にとっては故郷です。
 母親が寝たきりになりました。介護(とはいえないほどの見舞い)に、最近はわりと足繁く帰郷しています。
 とにかく親に心配を掛けぬよう、それが、私に今できる、精一杯の親孝行です。寝ている母の髪を撫で、麻痺して動かぬ左手をさすってやります。母は、嬉しそうに笑います。話しかけると、「ん? ん?」と聞き返します。耳がとても遠いのです。
 それでも、コミュニケーションはとれます。
 そんなことが、親にストレスを与えないことが、いつまでたってもこの母の子である私にできる、親孝行です。

 だから、私は、赤城徳彦農水相を、憎みます。
 彼は、ひどい。ほんとうに、ひどい。
 彼は、親にウソをつかせたのです。

 赤城徳彦農水大臣の、事務所費付け替え疑惑です。
 構図は、まったく自殺した松岡利勝前農水相と同じ。しどろもどろで、赤城大臣をかばい続ける安倍首相の姿も、どこかで見た光景。デジャヴュというやつでしょうか。
 でも、こんな政治家たちの醜悪さは、とりあえず別の話。ここで言いたいのは、赤城大臣のご両親のことなのです。

 彼の母親は、自宅が事務所とされている、などということにまるで気づいていませんでした。そんなことについて、考えたことなどなかったと思います。普通に生活していた、普通の息子思いの母親、と見えました。
 だから、突然押しかけた報道陣に対して、何の隠し事もせずに、「ここでは事務所活動などしていませんよ」と(普通に)答えたのでしょう。父親も、ほとんど同じような対応だったようです。
 ところが、2日後、両親の態度は一変しました。
 自分たちが住む自宅は、「事務所として、さまざまな会合に使用していました。自宅兼事務所として使っていたんです」と答えざるを得なくなったのです。
 テレビ画面は残酷です。事務所であることを装うために、急にペタペタと貼り巡らしたのであろうポスターが、むしろ悲哀の情を誘います。おどおどと、うまく説明できずに口ごもる母親の姿が、痛々しい。
 それについて報道陣に「親に、口裏合わせを頼んだのか?」と問われた赤城農水相は、「そんな事実はない。親が、何か勘違いをしていたのではないか」と答えたのです。

 近所の人たちや、後援会会長とされる元県議の証言も、「ここが事務所として使われていたことはない」と、すべて事務所説を否定していました。ところが、この後援会会長の話も、2日後には、両親と同じようにあやふやなものに変わりました。
 周りの人すべてが、たった1,2日の間に、前言を翻す。こんなことが、勘違いや思い違い、記憶間違いのせいだったはずがありません。誰かが、前の言葉を訂正してくれるように頼んだとしか考えられない。普通の人の、それが普通の感覚です。
 しかし、赤城大臣は「勘違い」を主張して譲りません。
 もちろん、親分の安倍首相も、「たった800円の電気代で、罷免しろというんですか?」と、例によって逆切れ状態です。数十万円を使った年もあるというのに、いちばん少額な年度だけを取り上げて、赤城さんは正しいことを言っている、と強弁するのです。
 こんな安倍さんに、いまさら倫理や道徳を説いても無駄でしょう。だから安倍さんについて、これ以上は書きません。

 しかし、私は、赤城徳彦という若い政治家を、憎みます。
 この48歳、当選6回で、祖父・赤城宗徳元農水大臣の跡を継いだ政治家は、自らの身を守るため(もしかしたら、安倍首相の任命責任を守るため)、両親にウソをつくことを強要したのです。
 静かに田舎で暮らしている両親に、自分のためにウソをついてくれ、と言ったのです。この母親、どんな思いがしたでしょうか。
 もちろん、最愛の息子のためにウソをつくことに、ためらいはなかったでしょう。しかし、その胸に深くて黒いものが巣食ったことに間違いはないはずです。赤城徳彦農林水産大臣、そんなことは考えなかったのでしょうか。母親の悲しさに、まったく思い至らなかったのでしょうか。

 安倍首相のあの「教育改革」とは、こんなことだったのか。
 親にウソをつくことを強要するのが、安倍首相の、そして彼の閣僚たちの「教育改革」だったのでしょうか。
 ああ、美しい国-----。

(小和田志郎)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK38掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。