★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK38 > 555.html
 ★阿修羅♪
<だから1票> (2)憲法 海外派遣、揺れる自衛官(中日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/555.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 16 日 18:22:25: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: イラク復興支援12次隊が帰国 空自小牧基地(朝日新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 16 日 15:45:03)

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/saninsen07/shiga/CK2007071602032984.html

【参院選2007 滋賀ニュース】
<だから1票> (2)憲法 海外派遣、揺れる自衛官

2007年7月16日

 九条の現場での悩みは深い。

 大津市の藤井敏彦(56)=仮名=は、妻の言葉が忘れられない。二〇〇三年七月にイラク復興支援特別措置法が成立。自衛隊派遣が決まった直後に言われた。

 「良かったね。イラクに行かなくって」。藤井は一九九七年に除隊していた。そして妻は言葉を重ねた。

 「息子は絶対に自衛官にさせない」。その気持ちは痛いほど分かった。

 二十数年前、藤井は北海道の上空にいた。陸上自衛隊のヘリコプターパイロットとして、ある任務を背負っていた。そこへ網走の管制隊から無線が入る。

 「前方に標的」

 飛行場から飛び立つロシア戦闘機が目に入った。ヘリは風でロシアの領空に流されていた。「撃たれる」。とっさに高度を下げる。内臓がせり上がった。

 「死ぬかと思った。こっちは攻撃できないが、向こうは違うから」

 専守防衛。日本の防衛の基本方針だ。藤井は航空自衛隊の例で説明する。緊急発進時には、二機のジェット機が飛び立つが、一番機は「死番」と呼ばれるという。一機がやられなければ、攻撃はできないからだ。

 十五歳の時、自衛隊生徒として入隊し、自衛官として三十年以上過ごした。晩年、自衛隊は次々と海外に行くようになった。

 きっかけは九〇年の湾岸戦争。百億ドル以上を拠出しながらも「人は出せないのか」と批判を浴び、九一年に、機雷除去のためペルシャ湾に海上自衛隊を派遣した。

 国連平和維持活動(PKO)協力法を整備し、カンボジアや東ティモールへも向かった。そして、イラクへ。

 藤井は海外派遣に異を唱える。「海外に行く必要はない。自衛隊法には日本の独立と平和を守るのが自衛隊の使命とある。世界を守るなんてどこにも書いていない」

 だが、海外への動きは加速している。

 自民は〇五年十月に新憲法草案を発表した。九条一項の戦争放棄はそのまま残し、戦力不保持をうたった二項は書き換え、「自衛軍の保持」を明記した。

 任務の一つは、国際社会の平和と安全確保のための活動。明文化はされていないが、海外での武力行使も容認している。

 今年五月には、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が成立。自民は施行される一〇年の改憲発議を公約に掲げる。

 参議院議員の任期は六年。選ばれた議員が憲法改正に直面する可能性は高い。

 改憲すべきか否か。藤井は「分からない」と言う。「それは国民が決めること。自衛官は国の命令に粛々と従うのが使命だから」。それゆえ、隊員の気持ちを代弁するかのように付け加えた。

 「隊員にも死んだら悲しむ家族がいる」

  =敬称略

  (藤川大樹)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK38掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。