★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK38 > 613.html
 ★阿修羅♪
国民新党の亀井亜紀子氏「誰かがやらないといけない。小沢代表の熱意に強烈に背中を押された」。
http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/613.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 7 月 17 日 14:44:17: 4sIKljvd9SgGs
 

931 :無党派さん:2007/07/17(火) 14:04:06 ID:5DV+IlO4
自民切り崩しへ“剛腕” 与野党伯仲水面下で演出


亀井亜紀子氏の擁立を発表した記者会見場で、選挙での協力を誓い合う小沢一郎民主党代表(左)と亀井久興国民新党幹事長=松江市千鳥町、ホテル一畑
 参院選の一人区に勝負をかける小沢一郎民主党代表の戦略が、自民党が強固な基盤を築く山陰で、成就した瞬間だった。

 5日午後、国民新党の亀井亜紀子氏が島根選挙区から党公認での出馬を表明。松江市で亀井氏の会見に同席した小沢氏は、亜紀子氏と、民主公認で擁立した鳥取選挙区の川上義博氏(元自民党衆院議員)について、記者団にまくしたてた。

 「島根と鳥取は自民の絶対の地盤と言うが、小泉政権以来、自民党は農林水産業を担う人たちを見捨ててきた。島根も鳥取も(野党)勝利の可能性が断然高まっている」

 候補擁立が行き詰まったかに見えた島根選挙区への対応では、小沢代表は水面下で動き続けた。県東部の元自民党関係者ら2人の擁立を模索。最終的に白羽の矢を立てたのは、自民を離党した亀井久興国民新党幹事長の長女・亜紀子氏だった。

 小沢氏に近い人物は、戦略をこう解説する。「山陰は、民主だけでは届かない。保守勢力を切り崩せる候補が必要だ」。党本部の鉢呂吉雄選対本部長も「2度も接触して説得した。代表の動きが大きい」と話し、公示前に3度目の島根入りするプランを明かした。

 小沢代表は、会見前に会談した社民党県連の清水勝代表には、無所属候補擁立が実現しなかったことを「意向に沿うことができずおわびする」と頭を下げ、支援を懇願。勝利への執着ぶりをみせた。

 「誰かがやらないといけない。小沢代表の熱意に強烈に背中を押された」。出馬動機を語った亜紀子氏は、郵政民営化をめぐって決別した父とともに、自民との対決姿勢を鮮明に打ち出した。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK38掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。