★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1017.html
 ★阿修羅♪
惨敗続投:歴代首相「人事を早くやりなさい」(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1017.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 8 月 01 日 09:36:13: 2nLReFHhGZ7P6
 

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/07saninsen/news/20070801ddm002010009000c.html

◇歴代首相から助言

 首相の安倍晋三は31日午後、中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗の歴代自民党首相3人を都内の事務所に訪ね、今後の政権運営を相談した。

 安倍の出身派閥・町村派の名誉会長・森は、安倍に「自分の仲間だけで(内閣を)やるのは考え直した方がいい」とアドバイス。「ピンチはチャンスだ。人事を早くやりなさい。あまり長く延ばすと(政権批判の)ボディーブローを食らってへばっちゃうぞ」と早期改造を進言した。

 安倍は口数が少なかった。森は「おれみたいな肉厚なら殴られても耐えられるが、君みたいなスマートなのはすぐ骨や内臓にくる」と笑わせた。そして「もしかしたら最後のチャンスになるかもしれないよ。思い切ってやって突破口にしよう」と背水の陣をとるよう迫った。安倍は「よく考えます」と答えた。

 中曽根は、日米安保条約改定問題で国会包囲デモにあった安倍の祖父・岸信介元首相を引き合いに「困難な時に政治家の本領が試される。いちばんいい例が、あなたのおじいさんだ。あなたもできないはずはない」と安倍を励ました。「ありがとうございます」。安倍は礼を言った。

 前首相の小泉純一郎は地元・神奈川県横須賀市に滞在中で、会えなかった。安倍は「既にもう電話で話しています」と記者団に語った。

   ×  ×

 官邸に戻った安倍に、自民党総務会長の丹羽雄哉が顔を見せた。午前の総務会で、続投に強い不満が噴き出したことを報告するためだ。

 総務会では前財務相・谷垣禎一が口火を切り、元幹事長の加藤紘一、元防衛庁長官の石破茂らが続いた。ヤリ玉にあがったのは、安倍が選挙中に「小沢か、私か」と政権選択の選挙にしてしまったことだ。「大きな錯覚を与えた」「続投表明は早すぎる」「そう言って負けた以上、どうするんだ」。十数人が安倍の責任を追及した。

 丹羽はすべての発言を紙に書いて官邸に持参し、安倍の前で読み上げた。「謙虚に受け止めてほしい」と言う丹羽に、安倍は「厳粛に受け止める」「(格差是正で)あたたかみを出していきたい」と応じた。(敬称略)

毎日新聞 2007年8月1日 東京朝刊

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。